日本の記録的な猛暑を生き抜くために BBC NEWS 速報です。

日本の記録的な猛暑

毎日暑い日が続いています。

日本には、梅雨があり、6月は雨が多いのですが、私の住む九州はすでに梅雨は明けてしまいました。

日本人は未だにマスクをして生活しています。政府は電力の不足を懸念しています。しかし、冷房をつけないことには、

逆に熱中症で死んでしまうかもしれません。ついにBBC NEWSも日本の異常気象を取り上げています。

ご紹介します。英語の勉強にもなると思います。

Living through Japan’s hottest summer on record

Living through Japan’s hottest summer on record – BBC News

Living through Japan’s hottest summer on record

Masaya Maruyama, his wife Junko and his brother Koichi, were sitting under the tailgate of their work van, trying to find a tiny bit of shade, as they drank profusely from large bottles of orange soda.

The family of plumbers had been out in the baking sun laying pipes since 08:00 local time. By 11:00, the temperature at the construction site in Isezaki was hovering around 42C.

“It got up to 47C the other afternoon,” Mr Maruyama says.

When asked how he manages to work in such sweltering temperatures, he says: “It’s scary, I’ve never seen anything like this before.”

The three of them are all wearing jackets that have built-in electric fans that blow cool air around their bodies. But it seems barely adequate.

For many in Japan, the heat over the last few days feels strange, and rather frightening. This should be the middle of the country’s rainy season. But across Japan the skies are clear, and the mercury is stuck in the high 30s and has twice broken through 40C this week.

And that’s just the official temperature – out of the shade it’s often much hotter.

Even though summer has barely begun, 263 places across Japan have seen temperature records broken in the last six days, according to meteorologist Sayaka Mori.

Tokyo on Thursday touched 36.4C – the highest temperature ever recorded in the capital in June dating back to 1875.

Japan is not alone in suffering from the heat right now.

But what is perhaps surprising is that Japan is struggling to keep the lights and air conditioners running. On Tuesday, as electricity demand hit its early evening peak, output was at 97% of capacity. That is alarmingly close to triggering blackouts.

Japan’s government has been making pleas for people to “switch off” as many lights and electrical devises as possible. But at the same time, it is also warning people not to switch off their air conditioners.

Their fear is of a repeat of 2018, the last time Japan was hit by a sustained heatwave. Then, dozens of mainly elderly people died from heat stroke and more than 22,000 people ended up in hospital.

To try to prevent that local governments are opening “cool down” centres, where elderly residents can take refuge.

In the Sumide district in northern Tokyo, 86-year-old Kiyoji Saito is playing Shogi (Japanese chess) with a group of other octogenarians.

Like many elderly Japanese he really doesn’t like using the air conditioner.

“It is costing me three or four thousand yen [$21-$30; £18-£25] for a month for electricity this year,” he says. “It’s great they have this place we can come during the day, meet up and stay cool.”

Across the table 81-year-old Yukimasa Nakano says he is rationing his aircon use to one hour in the morning, and three hours in the evening.

“In all my eight decades I have never felt heat like this before in June,” he says.

“I live alone so using the aircon feels like such a waste,” says Kiyoji Saito, another member in the chess group. “But if I don’t, in this heat I might die.”

BBC NEWS

日本の記録的な猛暑を生き抜くために

丸山正也さんと妻の純子さん、そして弟の浩一さんは、作業車のテールゲートの下に座り、わずかな日陰を探しながら、大きなオレンジソーダの瓶を大量に飲み干しながら過ごしていた。

現地時間の8時から、炎天下で配管工一家はパイプを敷いていた。11時には、伊勢崎の工事現場の気温は42度近くまで上がっていた。

「先日の午後は47度まで上がりましたよ。」と丸山さんは語る。

そんな猛暑の中、どうやって仕事をしているのかと聞くと、「怖いですね。”こんなの初めて “」と言っていました。

3人とも、扇風機が内蔵されたジャケットを着て、涼しい風を体に送り込んでいる。しかし、それだけで精一杯のようだ。

日本の多くの人にとって、ここ数日の暑さは異様であり、むしろ恐怖を感じさせる。梅雨の真っ只中のはずなのに。しかし、日本全国で空は晴れ渡り、水銀は30℃台後半で推移し、今週は40℃を2回突破している。

日陰に入れば、もっと暑いこともある。

気象予報士の森さやか氏によると、夏はまだ始まったばかりだというのに、この6日間で日本全国263か所で気温の記録が更新された。

東京では木曜日に36.4℃を記録し、1875年までさかのぼる6月の最高気温を記録している。

今、暑さに苦しんでいるのは日本だけではないのだ。

しかし、おそらく驚くべきは、日本が照明やエアコンを稼働させるのに苦労していることだ。火曜日、電力需要が夕方のピークに達したとき、出力は能力の97%であった。これは、停電の引き金になりかねないレベルだ。

日本政府は、できるだけ多くの照明や電気機器のスイッチを切るよう、人々に呼びかけている。しかし同時に、エアコンのスイッチを切らないよう警告している。

彼らが恐れているのは、前回日本が持続的な熱波に見舞われた2018年の再来だ。そのときは、主に高齢者が熱中症で数十人亡くなり、2万2千人以上が入院する事態になった。

それを防ごうと、自治体は高齢者が避難できる「クールダウンセンター」を開設している。

東京北部の墨田区では、86歳の斉藤清治さんが他の高齢者グループと一緒に将棋を指していた。

多くの高齢者がそうであるように、彼もまたエアコンを使うのが好きではない。

「今年は電気代が1カ月で3、4千円(21〜30ドル、18〜25ポンド)もかかっているんですよ。「日中に来て、会って、涼しく過ごせる場所があるのは素晴らしいことです」。

テーブルの向かいにいる81歳の中野幸正さんは、エアコンの使用を朝1時間、夕方3時間に制限しているという。

「80年間生きてきて、6月にこんな暑さを感じたのは初めてです」。

「一人暮らしなので、エアコンを使うのがもったいない」と言うのは、同じ将棋グループの斉藤清治さん。「でも、この暑さでは、使わないと死んでしまうかもしれない。(translated by me)

熱中症で死んでしまうのなら、冷房を使うしかないと思います。

日本の記録的な猛暑

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

竹 慎一郎

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次