この海の向こう側
beyond or across the sea

高校生の頃、生きていくのが困難だと感じることがあった。

ある日、学校に行くと小学生からの友達が行方不明になっているとの噂が広がっていた。

先生たちも落ち着いてはいられない雰囲気に思えた。

その友達は、山に登るのが好きだった。

それで、私は山登りに行っているのだと思って、じき帰って来ると思っていた。

彼とはクラスも違っていたため、廊下ですれ違い様に挨拶をする程度であったが、

彼が悩んでいること等全く思いもしなかった。

彼はやはり山に行っていた。

その山はハイキングレベルではなく、息も絶え絶え登るような山だった。

一度、遠足で登りその苦労は一言では言えないのであるが、

彼にとってはおなじみの山だったと思う。

昔から山登りが好きで私は何度か誘われたこともあったが、

私は何かと理由をつけて断っていたからだ。

彼は最後の場所を山に決めた。

彼はこの世界からいなくなってしまった。

私は、彼の死は1週間後に知らされた。

何も彼のことは分かっていなかった。

彼のお父さんが癌で進路のことを悩んでいたと知った。

学校は大騒ぎとなった。

私は、お通夜にもお葬式にもいくことはできなかった。

今まで私を支えてくれていたものが崩れ去るのを感じた。

もう学校に登校することはできなくなった。

部屋に閉じこもり、行き場のない悲しみを読書に向けた。

何もかも、親も学校も信じられなくなり、自分の無力さを思い知らされた。

小学生からの友達ではあったが、クラスが違えば疎遠になっていたので、彼のことは小学生の頃遊んだこと位しか記憶はなく、他人の彼の死に落ち込んでいる私を、周囲の人たちは不思議に思っていたようだ。

彼の死はこれまで心に抱いていた不満が一気に飛び出してきて、自分でもどうすればいいのか分からなくなった。

担任の伊藤先生が私にこんなことを言った。

竹君、今君は死のうとしているのかもしれない位、人生の岐路に立たされていると思う。死ぬのは簡単にできるかもしれないが、君にはこの海の向こう側に何があるのか分かりますか。まだ、見たことのない世界が広がってはいるかもしれません。もし、死を選ぶのであれば、1度この海の向こう側の世界を見てからにしてみたらどうだろう。こんな狭い世の中にいてもそれは分からない。本は想像力でどこにでも連れて行ってくれるかもしれないが、実際に見てみると自分の置かれている意味が分かると思う。ぜひ、この海の向こう側に行ってみて考えて欲しい。

私は海の近くで育った。海は身近な存在ではあったが、この海の向こう側に何があるのかなど思いもしなかった。

私は、この海の向こう側に行ってみようと思った。

その伊藤先生の言葉は、何も信じることはできなくなっていた自分に響いたのだ。

伊藤先生は、早稲田の哲学科の出身だと聞いて、それからはよく本や音楽も聴いていたのだが、

勉強に打ち込んでその海の向こう側にある世界を見てみようと思っていた。

私の力では、早稲田にはかすりもしなかったのであるが、私が英米文学を選んだのは、伊藤先生のその言葉に大きな影響をえていたからだと思う。

伊藤先生は、後、短歌で全国的に有名な歌人となる。東京での生活が始まり、行き詰った時には、伊藤先生の本を読み慰められていたものだ。あの堺雅人も伊藤先生のことを書いている。

この海の向こう側というのはその時の体験から取ったものだ。

そして、私自身、教壇に立ち英語を教える立場になるのだが、生徒たちが思い悩んでいる時には、この伊藤先生のこの言葉を生徒に話したものだ。

私の言葉は生徒には届かなかったかもしれないのであるが、私の目の前に広がる、この海の向こう側に何があるのか今でも実現していない夢ではあるが、いつの日か確かめたいと思う。

世界は皆さんの前に広がっています。

今は、ネットでどこにでも行ける時代ではありますが、

実際に見る価値はあると思います。

旅には大きな発見があるものですよね。

この小さな世界だけみていても実際に見てみないと分からないことだってあるでしょう。

このブログを訪問してくれた人がいるとしたら、そういいたいです。

この海の向こう側に何があるのか、一緒に確かめに行きませんか。

私の旅立ちはいつになるのか定かではありませんが、このブログではそのような思いを綴っていきたいと思います。

英語も少しは出来るので英語の話も書いていきたいと思っています。

まだ会えることもないあなたが少しでも勇気と希望が出るように、力の底から綴っていきたいと思います。

When I was in high school, there were times when I found it difficult to live.

One day, when I went to school, rumors were spreading that a friend from elementary school had gone missing.

The teachers seemed to be in no mood to calm down.

My friend liked to climb mountains.

I assumed that he was on a mountain climbing trip and would be back soon.

He and I were in different classes, so we only greeted each other in the hallway as we passed each other.

It never occurred to me that he was troubled.

He was still going to the mountains.

The mountain was not a hiking mountain, but a breathless mountain.

He had climbed it once on a field trip, and the hardship was hard to describe.

I think it was a familiar mountain to him.

He had always loved to climb mountains, and I had been invited a few times.

He had always loved to climb mountains and had invited me several times, but I had always refused for one reason or another.

He decided to go to the mountains for the last time.

He was gone from this world.

I was informed of his death a week later.

I didn’t know anything about him.

I learned that his father had cancer and was worried about his career.

The school was in an uproar.

I was not able to go to the wake or the funeral.

I felt everything that had supported me up to that point crumbling away.

I couldn’t go to school anymore.

I shut myself up in my room and turned my sadness to reading.

I couldn’t trust anything, not my parents, not the school, and I was reminded of my helplessness.

Although we had been friends since elementary school, we had drifted apart in different classes, so I only remembered playing with him in elementary school, and people around me seemed to wonder why I was so depressed over the death of a stranger.

His death brought out all the frustrations I had been holding in my heart, and I didn’t know what to do with myself.

My homeroom teacher, Mr. Ito, said this to me.

Take, I think you are at a crossroads in your life, you may be about to die. Dying may be easy, but do you know what’s on the other side of this sea? There may be a world out there that you have never seen before. If you choose to die, why don’t you wait until you have seen the world on the other side of this sea once? We can’t know that in this small world. A book may take you anywhere in your imagination, but if you actually see it, you will understand what it means to be where you are. I would like you to go to the other side of this sea and think about it.

I grew up near the sea, and although the ocean was a familiar presence, I had no idea what was on the other side of the sea.

I wanted to go to the other side of the sea.

Mr. Ito’s words resonated with me, as I was no longer able to believe in anything.

I had heard that Mr. Ito was a graduate of the philosophy department at Waseda University, and since then I had often listened to his books and music.

I was determined to devote myself to my studies and see the world on the other side of that sea.

I chose to study English and American literature because I was greatly influenced by Mr. Ito’s words, although I could not get into Waseda.

Mr. Ito later became a nationally famous tanka poet. When I was stuck at the beginning of my life in Tokyo, I used to read his books for comfort. Even Masato Sakai has written about Mr. Ito.

The phrase “beyond of across the sea” was taken from my experience at that time.

Whenever I was in a position to teach English, I used to tell my students these words of Mr. Ito when they were in distress.

My words may not have reached my students, but I would like to see what is on the other side of this sea that stretches out before me, a dream that has not yet been realized.

The world is spreading out in front of you.

We live in an age where you can go anywhere on the Internet.

I think it is worth seeing it in person.

There are great discoveries when you travel, aren’t there?

There are things that you can’t understand unless you actually see them, even if you are only looking at this small world.

That’s what I would like to say to anyone who visits this blog.

Why don’t you come with me to see what’s on the other side of this sea?

I’m not sure when my departure will be, but I would like to write about it in this blog.

I can also speak a little English, so I would like to write about English as well.

I would like to write from the bottom of my heart so that you, who I have yet to meet, will have a little courage and hope.

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村