中国最長の宇宙飛行任務を終えた宇宙飛行士が地球に帰還「BBC NEWS 速報」

中国の発展は目覚ましいものがあります。今や中国の勢いを止める国はないのかもしれません。

BBC NEWS は、中国が90日の宇宙飛行を終えた3人のニュースが取り上げられています。

中国は宇宙にまでその技術を利用しているようですね。

アメリカはこのニュースに驚いたことでしょう。

Astronauts return to Earth after China’s longest space mission

Astronauts return to Earth after China’s longest space mission – BBC News

Astronauts return to Earth after China’s longest space mission

Three Chinese astronauts have returned to Earth after completing the country’s longest crewed space mission.

They spent 90 days at the Tianhe module on China’s space station, some 380km (240 miles) above Earth.

The three men had on Thursday boarded the Shenzhou-12 crewed spacecraft and undocked from the space station.

The successful mission is another demonstration of China’s growing confidence and capability in the space domain.

Nie Haisheng, Liu Boming and Tang Honbo touched down in the Gobi desert in Inner Mongolia at around 13:35 local time (05:35 GMT) on Friday.

They had left for space on 17 June, and had lifted off from the same desert.

While in space, the three men completed various tasks including transmitting experiment data back to Earth and conducting hours-long spacewalks, according to China’s Global Times.

The core module of the space station, where the astronauts lived, is said to have separate living spaces for each astronaut and a space gym equipped with a specifically designed treadmill and bicycle, the Global Times reported quoting China’s Aerospace Science and Industry Corp.

China has made strides in its space ambitions in recent years. In 2019, it became the first country to send a robotic rover to the far side of the Moon.

But it had to develop its own space station, in part because it has been excluded from the International Space Station project.

The US, which leads that partnership with Russia, Europe, Canada and Japan, will not co-operate with China in orbit.

中国の宇宙飛行士3名が、中国最長の有人宇宙飛行を終え、地球に帰還しました。

3人は、地球から約380kmの上空にある中国の宇宙ステーションの天河モジュールで90日間過ごしました。

3人は木曜日に乗員用宇宙船「神舟12号」に搭乗し、宇宙ステーションからドッキングを解除しました。

今回のミッションの成功は、宇宙分野における中国の自信と能力の高まりを示すものです。

Nie Haisheng氏、Liu Boming氏、Tang Honbo氏の3人は、現地時間の金曜日13時35分(日本時間05時35分)頃、内モンゴルのゴビ砂漠に着陸しました。

彼らは6月17日に宇宙に向けて出発し、同じ砂漠から離陸しました。

中国の「環球時報」によると、3人は宇宙で、実験データを地球に送信したり、数時間にわたる宇宙遊泳を行うなど、さまざまな作業を行いました。

宇宙飛行士が生活する宇宙ステーションのコアモジュールには、各宇宙飛行士のための独立した居住空間と、特別に設計されたトレッドミルと自転車を備えたスペースジムがあると、中国の航空宇宙科学工業公司の言葉を引用して「グローバルタイムズ」が報じています。

中国は近年、宇宙への野望を進展させている。2019年には、月の裏側にロボットローバーを送った最初の国となりました。

しかし、国際宇宙ステーションのプロジェクトから除外されていることもあり、独自の宇宙ステーションを開発しなければなりませんでした。

ロシア、ヨーロッパ、カナダ、日本とともにそのパートナーシップをリードする米国は、軌道上で中国と協力することはないでしょうが。(拙訳)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

竹 慎一郎

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる