どうして安倍首相の葬儀は女王の葬儀より費用がかかるのか?BBC NEWS 速報です。

安倍元首相 国葬

記事によると、安倍さんと縁の深い東京のイベント主催者である村山製作所が国葬の唯一の入札者、つまり1億7600万円の契約を勝ち取ったことが明らかになったとし、安倍さんが縁故採用の疑惑に直面した桜の宴を毎年開催した会社であることから、眉唾であったと報じています。

日本人は海外に恥を撒き散らしていると言えるのではないでしょうか?

一部引用してみます。英語でも海外から日本がどのように見られているのかが分かると思います。

Abe funeral: Japan asks why state event is costing more than the Queen’s

Abe funeral: Japan asks why state event is costing more than the Queen’s – BBC News

“How could Abe’s funeral cost more than the Queen’s?” read one headline.

Even though the actual amount of money spent on the Queen’s state funeral has not been disclosed, the Flash article cited the Daily Mirror’s reported figure of £8m or 1.3bn yen to compare it to the estimated cost of ex-prime minister Shinzo Abe’s funeral of 1.66bn yen.

Many are already predicting the actual price tag to be much higher, citing examples such as the Tokyo Olympics which ended up costing $13bn – about double the original estimate.

Others ask if the difference in the costs between the two state funerals is down to companies that act as a middleman when Japan hosts large events.

When Tokyo-based event organiser Murayama was revealed as the only bidder – and therefore the winner of the 176m yen contract – for the state funeral, eyebrows were raised as it was the company Mr Abe used to host an annual cherry blossom party where he faced allegations of cronyism.

More than 70% of people surveyed by a recent Kyodo news agency poll said the government was spending too much on the funeral.

About half of the money is expected to go on tight security while another third will be used to host foreign visitors.

Ahead of Tuesday’s state funeral, overseas guests are arriving in Japan to meet the current Prime Minister Fumio Kishida. The three-day event has been dubbed “funeral diplomacy”.

There are 700 guests from 217 countries, including US Vice-President Kamala Harris and Indian and Australian prime ministers Narendra Modi and Anthony Albanese.

But many in Japan have highlighted how the Queen’s state funeral in London attracted most of the current global leaders while those attending Abe’s are mostly former leaders.

TV coverage of the Queen’s funeral also showed Japanese viewers Britain’s affection for its former monarch and highlighted how different the mood is in Japan.

Nippon Budoukan

女王の国葬に費やされた実際の金額は公表されていないにもかかわらず、Flashの記事はDaily Mirrorが報じた800万ポンド、13億円という数字を引用し、安倍晋三元首相の葬儀の推定費用16億6000万円と比較したのである。

多くの人はすでに、実際の金額はもっと高くなると予想しており、当初の見積もりの約2倍である130億ドルの費用がかかった東京オリンピックの例などを引き合いに出している。

また、2つの国葬の費用の差は、日本で大きなイベントが開催される際に仲介役を務める企業のせいではないかとの声もある。

東京のイベント主催者である村山製作所が国葬の唯一の入札者、つまり1億7600万円の契約を勝ち取ったことが明らかになったとき、安倍氏が縁故採用の疑惑に直面した桜の宴を毎年開催した会社であることから、眉唾であった。

共同通信社の最近の世論調査では、70%以上の人が、政府は葬儀にお金をかけすぎていると答えた。

資金の約半分は厳しい警備に使われ、別の3分の1は外国人観光客の受け入れに使われると予想される。

火曜日の国葬に先立ち、海外からの来賓が岸田文雄現首相に会うために日本に到着している。この3日間のイベントは、「葬儀外交」と呼ばれている。

アメリカのカマラ・ハリス副大統領、インドとオーストラリアのナレンドラ・モディ首相、アンソニー・アルバネーゼ首相など、217カ国から700人のゲストが来ている。

しかし、日本では、ロンドンの女王の国葬が現在の世界の指導者のほとんどを集めたのに対し、安倍首相の参列者はほとんどが元指導者であることを強調する声が多く聞かれる。

また、女王の葬儀のテレビ中継は、英国の元国王に対する愛情を日本の視聴者に示すとともに、日本との雰囲気の違いを浮き彫りにした。(translated by me)

yamagami suspect
安倍元首相 国葬

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

竹 慎一郎

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次