WhatsApp、携帯電話を持たずにメッセージを送信可能に 20億人が使用しているアプリ。LINEは2億人です。

日本では、メッセンジャーアプリと言えばLINEです。

LINEは、2019年10月現在、利用者数は、2億300万と言われています。

日本やタイ、台湾などアジア地域で使われています。

WhatsApp は、20億人が使っていると言われています。

私は、LINE もWhatsApp もスマホに入れています。

LINE は、相手にQRコードやパスワードを送ったり、相手が近くにいればふりふりして交換することができますが、

WhatsApp は、相手の電話番号をスマホに登録しないといけないので、使いにくいと感じていました。

外国人と仕事をする場合は、WhatsApp が必要ですのでインストールしています。

その、電話番号登録の機能が改善されるみたいですね。

ちなみに、アメリカでの、メッセンジャーアプリの1位は、Facebook Messenger、2位がSnapshot、3位がWhatsApp、

8位がLINE です。

FBのメッセンジャーも入れていますが、そんなには使ってはいません。

WowApp は、PCに入れていますが、WhatsAppとは全く違うアプリです。

BBC NEWS から速報です。WhatsAppの存在は、外国人との交渉で必要不可欠なので、記憶に入れておかれると

役に立つかもしれません。一部抜粋して、その拙訳をご紹介します。

WhatsApp to let users message without their phones

WhatsApp to let users message without their phones – BBC News

WhatsApp to let users message without their phones

WhatsApp is testing a new feature that will let people message without using their phone for the first time.

At present, WhatsApp is linked to a user’s phone.

Its desktop and web apps need that device to be connected and receiving messages.

But the new feature will let users send and receive messages “even if your phone battery is dead”.

Up to four other devices – like PCs and tablets – can be used together, WhatsApp said.

To begin with, the new feature will be rolled out as a beta test for a “small group of users”, and the team plans to improve performance and add features before enabling it for everyone.

End-to-end encryption – a key selling point for WhatsApp – will still work under this new system, it said.

Several other messaging apps already have such a feature, including rival encrypted app Signal, which requires a phone for sign-up, but not to exchange messages.

But the feature has long been requested by WhatsApp users – of which there are a reported two billion.

‘A rethink’


In a blog post announcing the move, Facebook engineers said the change needed a “rethink” of WhatsApp’s software design.

That is because the current version “uses a smartphone app as the primary device, making the phone the source of truth for all user data and the only device capable of end-to-end encrypting messages for another user [or] initiating calls”, the company said.

WhatsApp Web and other non-smartphone apps are essentially a “mirror” of what happens on the phone.

But that system has significant drawbacks familiar to many regular users, as the web app is known to frequently disconnect.

WhatsApp、携帯電話を持たずにメッセージを送信可能に

WhatsAppは、初めて携帯電話を使わずにメッセージを送れるようにする新機能をテストしています。

現在、WhatsAppはユーザーの電話機と連動しています。

デスクトップやウェブアプリでは、そのデバイスが接続され、メッセージを受信する必要があります。

しかし、この新機能では、「携帯電話のバッテリーが切れていても」メッセージを送受信することができます。

WhatsAppによると、PCやタブレットなど他のデバイスを最大4台まで併用することができるという。

まず初めに、この新機能は「少人数のユーザー」を対象としたベータテストとして展開され、パフォーマンスの改善や機能の追加を行った後、全員が利用できるようにする予定だという。

WhatsAppのセールスポイントであるエンドツーエンドの暗号化は、この新システムでも機能するという。

ライバルの暗号化アプリ「Signal」など、他のいくつかのメッセージングアプリにはすでにこのような機能が搭載されていますが、Signalには携帯電話が必要で、メッセージのやり取りには必要ありません。

しかし、この機能は、20億人とも言われるWhatsAppのユーザーから長い間要望されていたものです。

「再考」とは


フェイスブックのエンジニアは、この変更を発表したブログ記事の中で、WhatsAppのソフトウェアデザインを「再考」する必要があると述べています。

というのも、現行バージョンでは「スマートフォンアプリを主なデバイスとして使用しているため、スマートフォンがすべてのユーザーデータの真実の源となり、他のユーザーのためにメッセージをエンドツーエンドで暗号化したり(あるいは通話を開始したり)できる唯一のデバイスとなっている」からだという。

WhatsApp Webをはじめとするスマートフォン以外のアプリは、基本的に携帯電話上で起こっていることの「鏡」のようなものです。

しかし、そのシステムには、ウェブアプリが頻繁に切断されることで知られるように、多くの一般ユーザーに馴染みのある重大な欠点があります。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

竹 慎一郎

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる