SUSPEXT X

東野圭吾の本でどれから読めばいいですか、と聞かれたことがあった。

周りの同僚たちも集まってきた。

私は東野圭吾をこの作品から読み始め、読んでひっくり返ってしまい、その後30冊位一挙に読んだほどだ。

50歳を目前として、強烈な読書体験をしたのは、10代の頃の太宰治以来である。

それほどインパクトがあった。1冊選ぶとしたら、まずこれだ。

東野フリークの皆さんのベスト10位にも絶対入るだろうと思う。

人を愛することがこういう風に書かれた本を読んだことはない。

単なる推理小説ではない。これが東野作品のすごい所だ。

次は何を読めばいいですか。赤い指、新参者、麒麟の翼かなあ、と答えたがまだまだたくさんある。

容疑者Xの献身、変なタイトルだが読めばもちろんその意味が分かる。

さえない数学の教師の抱いた愛情のことを考えると、こんな愛情もあることに気づく。

東野作品はいろんな個性があるので、まずこの作品から入って行ってはいががだろうか?

ビデオもあるので借りて見られるとよいですよ。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

竹 慎一郎

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる