月10万円で世界を旅する

 

ある、求人広告を何気なく見ていたら驚くべく求人を見つけた。

それは、月10万で世界を旅し、行った所の写真を撮り、

依頼者にPCで送るというものであった。期間は1年。

日本を飛び出し、お金を得て、自分の好きな所に行けるという

ものであった。依頼者は自分で行けない病に冒されていて、

若い命に自分の命を託し、写真を見ながら、頭の中で

旅を行うのだろうか?

など、いろいろ思いは膨らんでいくが、すごいチャンスだと思う。

若かったら応募しているかもしれないが、それは言い訳に過ぎない。

今の50を過ぎた病気のおっちゃんでも申し込みたい気分になった。

まだ、機会はあるだろう、と信じ世界に思いを耽った。

死ぬ前に東南アジアで生活する夢は、簡単なようだが、

まだ、実現していない。なぜ日本ではいけないのか?

いや、日本でも構わないが、狭い日本を飛び出すのが、

長年持ち続けていた夢なのだ。

思えば、九州の田舎から東京の大学に入ったのも

地元の窮屈さから逃げ出したかったからだ。東京には

13年いて、また故郷に帰ってきて21年目。

6畳一間の部屋で日中のほとんどを過している。窓から見える、遠くの

景色の移り代りを見ながら、PCでお仕事。

images

旅は、自分探し、自分の居場所を見つけることではないだろうか?

新しい出会いもあるだろうが、私の先祖は多分、放浪民族では

ないかと思う。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

竹 慎一郎

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次