英語構文基礎編 第2回 S+V+C  第2文型

今回はS+V+Cの第2文型をやっていきましょう。

★S=C (補語)  つまり、S とCは同じになることに注意して下さいね!

★V 動詞はbe動詞が基本  自動詞と呼びます。


★C 補語は、名詞か形容詞  


それでは、分かりやすい英語をみていきましょう!

●He is a boy.     a boy は名詞   
 S   V    C

●He is kind.     kindは形容詞    
 S   V   C

きちんとS=Cの関係になっていますね。

それでは、次の文は正しいと思いますか?

×He is kindness.           of+抽象名詞=形容詞    with+抽象名詞=副詞
            of kindness=kind      with ease=easily

★人の性質を表す時には、形容詞で表します。

 

次にbe動詞以外の第2文型をとる動詞をみていきましょう。

You must keep quiet (in that room).     あの部屋では静かにしていなければいけません。

 S             V      C(形容詞) 
      

2. You look pale.                            顔いろが悪いようですね。  look~のように見える

     S     V     C(形容詞)
 

3. This pie tastes good.                           このパイはおいしい。  taste ~の味がする

     S            V        C(形容詞)
 

4. His idea sounds great.               彼の考えはよさそうですね。 sound~のように思われる   S            V          C(形容詞)

次回は、S+V+Oの第3文型に入っていきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

竹 慎一郎

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる