新宿のヤクザのおっさん

一人は中年、背は低いが、いかつい顔をしており、もう一人は若く背が高い。

「俺のシマで何をやってるんだ、金を出せ」典型的なやくざだ。

さっきの腹巻はもういない。

今度は、逃げられないと思い、財布の中を見た。

5000円しかない。

この金がないと家に帰れないと私は言った。

そしたらびっくり、あそこのおでんやで両替して来いという。

なんと、タクシー代はくれるらしい。

3000円を渡すと彼らはうれしそうに言った。

新宿で困ったことがあったら、○組みのKのことを言えばいい。

俺は覚せい剤も持っているからまた連絡しろ、と言い捨て暗闇の中に去って行った。

かたぎに手を出すとはやくざも資金難なのだろうか。

それにしても、あのはらまきとさっきの2人組みは仲間なのだろうか?

私は2000円でタクシーで帰宅したが、3000円の大芝居を実際体験することが出来た。

○組みのKさん、今頃はどうしているだろうか。

20年前の話だから、もう70歳位ではないだろうか。

しかし、東京というところは恐い所だ。

もう、新宿駅の近くの細い道には近づかないようにしようと思った。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

竹 慎一郎

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる