大阪なおみ、全仏オープン棄権、英語全文 2021

大阪なおみさんは、自身のTwitterで、2回戦からの試合を棄権すると発表しました。メンタルの病気で苦しんでいたことも書かれています。

ここまで、トッププレーヤーを追い込んでしまったマスコミの責任もあるのではないでしょうか。このメンタルの病気は、決してあまえからくるものではありません。癌に匹敵する恐ろしい病気だということが、認められていない現実は否定することは出来ません。大阪なおみさんの復帰を祈るばかりです。

Hey everyone, this isn’t a situation l ever

imagined or intended when I posted a few

days ago. I think now the best thing for the

tournament, the other players and my well-

being is that I withdraw so that everyone can

get back to focusing on the tennis going on in

Paris. I never wanted to be a distraction and I

accept that my timing was not ideal and my

message could have been clearer. More

importantly I would never trivialize mental

health or use the term lightly. The truth is that I

have suffered long bouts of depression since

the US Open in 2018 and I have had a really

hard time coping with that. Anyone that knows

me knows I’m introverted, and anyone that has

seen me at the tournaments will notice that I’m

often wearing headphones as that helps dull

my social anxiety. Though the tennis press has

always been kind to me (and I wanna

apologize especially to all the cool journalists

who I may have hurt), I am not a natural public

speaker and get huge waves of anxiety before

I speak to the world’s media. I get really

nervous and find it stressful to always try to

engage and give you the best answers I can.

So here in Paris I was already feeling

vulnerable and anxious so I thought it was

better to exercise self-care and skip the press

conferences. I announced it preemptively

because I do feel like the rules are quite

outdated in parts and I wanted to highlight

that. I wrote privately to the tournament

apologizing and saying that I would be more

than happy to speak with them after the

tournament as the Slams are intense. I’m

gonna take some time away from the court

now, but when the time is right I really want to

work with the Tour to discuss ways we can

make things better for the players, press and

fans. Anyways hope you are all doing well and

staying safe, love you guys I’ll see you when I

see you❤

皆さん、これは私が2.3日前に、投稿した時には想像もしていなかった状況です。

私は今、トーナメント、他のプレイヤー、そして私の健康のためにも棄権することが、大会、一番良いことだと思います。

それで、皆さんが、パリで行われているテニスに集中できるようになると思います。

邪魔にはなりたくなかったのです。

私のタイミングが理想的ではなかったこと、そして私のメッセージが

もっと明確であるべきだったと思います。

さらに、重要なのは、私は決してメンタルヘルスを矮小化したり

その言葉を軽々しく使ったりしたくはありません。

事実、私は2018年のUSオープン以来、長い間うつ病で苦しんでいて、

それに対処するのにとても苦しんできました。

私を知っている人は、私が内向的であることを知っていますし、トーナメントで私を見たことがある人は、私がよくヘッドフォンをつけていることに気づいたことでしょう。

それは、社会不安を和らげるのに役立つからです。

テニスプレスはいつも私に親切にしてくれますが (そして、傷つけてしまったかもしれないクールなジャーナリストの皆さんには特に謝りたいと思います。)

私は人前で話すのが得意ではなく、世界のメディアと話す前には、大きな不安に襲われてしまいます。

緊張してしまいますし、常に皆さんを勇気づけ、ベストな答えを出そうとするのはストレスになっています。

ここパリでは、すでに弱さと不安を感じていました。

記者会見を欠席して自己管理をしたほうがいいと思いました。

先に発表したのは、ルールがかなり古い部分があると感じていて、それを強調したかったからです。

私は大会側に個人的にお詫びの手紙を書きました。

スラムは過酷なので、大会後に話ができたら嬉しいと。

私は、今はしばらくコートから離れますが、 時期が来たらツアーと協力して、選手たち、プレス、そして 、ファンのために、より良いものにするために話あいたいと考えています。

とにかく、皆さんが元気で、安全に過ごしていることを願っています。

またお会いできるのを楽しみにしています。愛する皆さんへ。(拙訳)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

竹 慎一郎

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる