井上雄彦、ブログで心境告白 映画『SLAM DUNK』について 英語全訳

スラムダンク ブログ

井上雄彦さんのブログをご紹介します。スラムダンクは名作ですね。

いのうえたけひこ つれづれの記

THE FIRST – INOUE TAKEHIKO ON THE WEB (itplanning.co.jp)

THE FIRST
映画を作り始めてから数年が経ち、いよいよ完成が近づいてきました。
新しいものを作れるのは、これまでの道のりがあってこそだと実感しています。
1990年から96年の連載時期、そして今日までの長い年月。
ジャンプで、単行本で漫画を読んでくれた人たち、TVアニメを見てくれた人たち、そしてリアルタイムでなく新たに出会ってくれた方たち、ありがとうございます。

毎週の連載をしていた頃、編集部に送られてくる読者からの感想のお手紙を読むことが自分にとって一番の励みでした。当時の自分はまだキャリアも浅く、正直に言えば、感謝の気持ちのほとんどは読者の人たちだけに向けられていたような気がします。

時は流れ、今はもう少し視野が広がり、もっと多くの人に対する感謝の念が湧いてくるようになりました。
漫画もアニメもそれぞれの現場で、制作から人々に届けるまでの過程でたくさんの人たちが携わってくれました。そんな全ての人たちに、感謝の気持ちでいっぱいです。

自作のキャラクターをどう思っているかはなかなか知る機会もないと思うので、少し明かしますと・・
キャラクターたちは、連載が終わってからも引き続き自分の中で生きている感じがあります。
新装版やイラスト集などで新しく描き下ろすたびにどこかから呼び出して、命を新たに吹き込んでいる感じで更新されていく、歳は取らないけど生きている、そういう感覚があります。

その中で、自分が歳を重ねるにつれてキャラクターたちをとらえる視点の数も少しずつ増えていく。
こいつはこんなヤツだったのか、こんなことがあったのかと、いろいろな視点が浮かんで、その度にメモが少しずつ増えていきました。更新されてきました。昔、30年前には見えなかった視点もあれば、連載中からあったけどその時には描けなかった視点もあります。

それらのいくつかが生かされたという意味で、今回の映画は新たな視点で描いたスラムダンクと言えます。
キャラクターたちの新たな絵を描く時のように、何度も描いてきたはずだけど初めて出会う人のように、この映画も新たな命のようなものを持つことを願って取り組みました。  

知らない人には初めての、
知ってる人には、
知ってるけど初めて見るスラムダンク。

そんな感じで気軽に楽しんでもらえたら嬉しいです。

制作はいよいよ最後の上り坂をスタッフ皆で登っている最中です。

井上雄彦

Takehiko Inoue confesses his feelings in his blog about the film SLAM DUNK.

THE FIRST
It has been several years since I started making the film and it is now nearing completion.
I realise that it is only because of the journey we have been on that we are able to create something new.
The serialisation period from 1990 to 1996 and the long years up to today.
Thank you to all those who read the manga in Jump and in book form, to those who watched the TV animation, and to all the new people who met us not in real time.

When I was working on the weekly series, reading the letters of feedback from readers sent to the editorial office was the most encouraging thing for me. At the time, I was still in the early stages of my career and, to be honest, I feel that most of my gratitude was directed only at my readers.

Time has passed, and now I have a slightly broader perspective, and I feel more gratitude towards many more people.
A lot of people were involved in the process of both manga and animation, from production to delivery to the people at the respective sites. I am very grateful to all these people.

It’s not often you get the chance to know how I feel about my own characters, so I’ll reveal a little bit about them…
I feel that the characters continue to live inside me even after the series has finished.
Every time I draw them in a new edition or illustration collection, I call them out from somewhere and renew them, giving them a new lease of life, so they don’t age, but they are still alive.

As I get older, the number of perspectives from which I perceive the characters gradually increases.
Various perspectives came to mind, such as ‘this guy was like this’ or ‘this happened to him’, and each time I did this, my notes increased a little bit more. It has been updated. Some of the perspectives I couldn’t see 30 years ago, some of them were there from the serialisation but I couldn’t depict them at that time.

In the sense that some of those have been brought to life, we can say that this film is a Slam Dunk with a new perspective.
I worked on this film in the hope that it would have a new kind of life, just like when you draw new pictures of characters, people you must have drawn many times before but meet for the first time.  

For those who don’t know, for the first time.
For those who know it.
Slam Dunk for those who know but are seeing it for the first time.

I’d be happy if people could casually enjoy it like that.

The production is now in the midst of its final uphill climb with all the staff.

Yuhiko Inoue.

(translated by me)

スラムダンク ブログ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

竹 慎一郎

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次