ポコチャ pococha レビュー ブロックされて、ライバーとリスナーの良い関係とは?!

ポコチャ ブロックされて。

ポコチャpocochaをはじめて1年以上が経つが、その短い1年足らずの間に、いわゆる「推し」さんからブロックされてしまった。

理由は、そのライバーさんの配信のスタイルによる。

そのライバーさんは、メンタルの病気で、その病気のことはリスナーに隠すことなく伝えていた。

そのため、体調が悪い時は、目が腫れていて体調が悪いのだと直ぐに推測できる程だった。

休みが数か月に及ぶこともあったが、私は病気を克服して帰って来るのを待っていたこともあった。

そのライバーさんは23歳。これは本人が配信中に自分から発したことなのに、自分の年齢は個人情報に当たると言い、

皆知らないふりをしていたものである。

配信は無理をしていると感じたこともあったが、歌も上手いし、話しも上手いので決して退屈したりすることはない。

コアのファンもいて、10K以上コインを投げるリスナーさんも多かったと思う。

そのリスナーさんは概して、若くなくおじさんの部類に入るリスナーさんだった。

長くそのライバーさんの配信を観ていると、周りのリスナーさんのことまで分かってしまうものだ。

おじさんが、23歳の子供を応援しているのは自由であるが、応援の仕方はよく分からないこともあった。

その問題は、夜遅く、12時位に皆でカップラーメンを食べたり、

アイスクリームを持ち寄って一緒に食べるというものだ。

私は、寝る前なので、そのような物を前もって準備して食べることはなかったが、リスナーさんの中には、ファミリー枠に写真をUPして自己アピールをしている人もいた。

ポコチャ

そのライバーさんは次の日のことはまるで考えていないようだった。

平日も午前1時過ぎまで、ラーメンパーティーが行われるのには閉口して寝落ちすることにしていた。

しかし、このままだとリスナーも迷惑だし、ライバーさんご本人の健康に影響するのではないかと思い、

「夜中にラーメンやジャンクフードを食べるのは止めよう」と私は投稿欄に打ち込んでみたが、

無視され何も起こらなかったように時間は過ぎて行き私も寝てしまった。

しばらく日にちをおいて、そのライバーさんの配信にログインしようとしたら、ブロックされていることが分かった。

私の気持ちは彼女には伝わることはなかった。

twitter でそのことを書き込むと、古参のリスナーさんが反応してくれた。

「本人が楽しんでいるのだから、暖かく見守りましょう」と書かれていた。

23歳とはいえまだまだ人の気持ちも察することは出来ずに、自己満足で配信をしていて、そのリスナーさんも何も注意することなく、黙って楽しんでいるのかと思うと、私には受け入れ難い気持ちになったものである。

楽しみ方は人それぞれで良いと思うが、リスナーのことを考えて配信しているライバーさんもいる。

甘やかしたらいけないと思う。

このままだと病気は治らないのではないかと思う。

ブロックされた私が心配するのも変な話であるが、ライバーさんに伝わらなかったのは残念で仕方がない。

そのライバーさんは管理栄養士を目指していると言っていた。

飼っている犬が、栄養関係の分厚い本を嚙みちぎるのを見て喜んでいる配信もあった。

さらば。もうあなたの所には行くことはないでしょう。

ポコチャ ブロックされて。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

竹 慎一郎

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次