スターバックス、3分の遅刻で首? BBC NEWS速報です。

スターバックス 解雇

日本でも有名なチェーン店のスターバックス。愛称はもちろんスタバ。

スターバックスは、メルヴィルの「白鯨」に登場する、優秀な海の男の名前からとられていることも有名です。

そのスタバで労働組合を巡って対立関係にもつれてしまったようです。

メルヴィルの「白鯨」のスターバックスは、誇り高く優秀な人物です。アメリカでも組合の力は大きいということが分かる記事です。

BBC NEWSから速報です。

‘Starbucks fired me for being three minutes late’

‘Starbucks fired me for being three minutes late’ – BBC News

‘Starbucks fired me for being three minutes late’

Joselyn Chuquillanqui had worked for Starbucks for nearly seven years when the company fired her last month.

She had been waiting for the decision. Though she liked her job as a barista, which gave her flexibility to care for her young niece, this winter the 28-year-old had tried to rally her co-workers in New York to join a labour union, frustrated by the company’s stance on sick leave during the pandemic.

Soon after, she says her boss started punishing her for infractions overlooked in others, like arriving a few minutes late for her 5:30am shift.

When she misplaced her key to the store in July, it appeared to be the last straw, though she told her manager immediately. The key was ultimately found inside the shop.

On her notice of separation, Starbucks cited a pattern of tardiness and the key incident.

But Joselyn, who had worked for Starbucks since 2015 and was a shift supervisor earning more than $22 an hour, says: “It was definitely some type of retaliation. I’ve never seen anyone be fired for being under five minutes late.”

Union organisers say Joselyn’s clash was part of a national crackdown in which more than 75 union activists have been fired and some stores closed as the company, which has touted itself as a progressive workplace, tries to stop the labour movement troubling its ranks.

Starbucks, which owns nearly 9,000 stores in the US and licenses thousands more, denies retaliation. The firm says it respects workers’ right to organise, and closed stores based on safety records.

But there is little doubt that it sees the union as a threat.

“We don’t believe a third party should lead our people and so we are in a battle for the hearts and minds of our people. And we are going to be successful,” boss Howard Schultz told a conference in June.

BBC NEWS

スターバックスはたった3分の遅刻で私をクビにした。

Joselyn Chuquillanquiは、スターバックスで7年近く働いていたが、先月、会社から解雇された。

彼女はその決定を待っていた。彼女は、幼い姪の世話をするために柔軟性を与えてくれるバリスタの仕事を気に入っていたが、この冬、28歳の彼女は、パンデミック時の病気休暇に対する会社の姿勢に不満を抱き、ニューヨークの同僚を集めて労働組合に加入させようとした。

その直後から、上司は朝5時半の勤務に数分遅刻しただけで、他の人が見過ごすような違反行為で彼女を罰するようになったという。

7月に店の鍵を失くしたとき、彼女はすぐに上司に伝えたが、それが最後の砦になったようだった。結局、鍵は店内で発見された。

スターバックスは、彼女の離職通知に、遅刻のパターンと鍵の事件を挙げている。

しかし、2015年からスターバックスで働き、時給22ドル以上のシフトスーパーバイザーだったジョセリンは、「間違いなくある種の報復だった」と言う。「5分以内の遅刻で解雇された人は見たことがありません。」

組合の主催者によると、ジョセリンの衝突は、進歩的な職場と自称してきた同社が、労働運動がそのランクを悩ませるのを止めようとして、75人以上の組合活動家が解雇され、いくつかの店舗が閉鎖された、全国規模の弾圧の一部であるという。

スターバックスは米国に約9,000店舗を所有し、さらに数千のライセンスを供与しているが、報復を否定している。同社は、労働者の団結権を尊重し、安全記録に基づいて店舗を閉鎖しているという。

しかし、組合を脅威と見なしていることは間違いない。

「私たちは、第三者が従業員を率いるべきだとは思っていませんし、従業員の心と身体を守るために戦っているのです。そして、我々は成功するつもりだ」と、ボスのハワード・シュルツは6月の会議で語った。(translated by me)

スターバックス 解雇

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

竹 慎一郎

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次