ジェームズ・ウェッブ:宇宙望遠鏡が明らかにする「驚くべき」木星の景色 BBC NEWS速報です。

木星 BBC NEWS

毎日暑い日が続いています。コロナの人数も増える一方です。

木星の景色など目には見えませんが、宇宙望遠鏡が木星の姿を明らかにしてくれました。BBC NEWS速報です。

James Webb: Space telescope reveals ‘incredible’ Jupiter views

James Webb: Space telescope reveals ‘incredible’ Jupiter views – BBC News

James Webb: Space telescope reveals ‘incredible’ Jupiter views

The world’s largest and most powerful space telescope has revealed unprecedented views of Jupiter.

The James Webb Space Telescope (JWST) took the pictures of the Solar System’s biggest planet in July.

The images show auroras, giant storms, moons and rings surrounding Jupiter in detail that astronomers have described as “incredible”.

The infrared images were artificially coloured to make the features stand out.

This is because infrared light is invisible to the human eye.

“We’ve never seen Jupiter like this. It’s all quite incredible,” said planetary astronomer Imke de Pater, of the University of California, who played a key role in the project.

“We hadn’t really expected it to be this good, to be honest,” she added.

The $10bn (£8.5bn) JWST is an international mission led by the US space agency Nasa with its partners from the European Space Agency and the Canadian Space Agency.

Nasa said that in the standalone view of Jupiter, created from a composite of several images from the telescope, auroras extended to high altitudes above both the northern and southern poles of Jupiter. Auroras are light shows in the skies above the planet caused by interactions with particles streaming away from the Sun.

Meanwhile, the Great Red Spot, a famous storm so big it could swallow Earth, appeared white. This was because it reflected a lot of sunlight.

The JWST was launched in December 2021, and is currently positioned about one million miles (1.6 million km) from Earth.

It can detect light which began travelling towards Earth 13bn years ago, shortly after the Big Bang.

Viewed as the successor to the famous Hubble telescope, the JWST is expected to be a dominant force for discovery in the next 20 years.

BBC NEWS

世界最大かつ最も強力な宇宙望遠鏡が、木星の前代未聞の眺めを明らかにした。

ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡(JWST)は、7月に太陽系最大の惑星を撮影した。

画像には、木星を取り巻くオーロラ、巨大な嵐、月、環が詳細に写っており、天文学者は「信じられない」と表現している。

赤外線画像は、特徴を際立たせるために人工的に着色されている。

これは、赤外線が人間の目には見えないからだ。

「こんなふうに木星を見たのは初めてです。」

と、このプロジェクトで重要な役割を果たしたカリフォルニア大学の惑星天文学者イムケ・デ・ペーターは語った。

「正直なところ、ここまで良くなるとは思っていませんでした」と、彼女は付け加えた。

100億ドル(85億円)のJWSTは、米国の宇宙機関Nasaが主導し、欧州宇宙機関やカナダ宇宙庁のパートナーとともに進める国際ミッションである。

Nasaによると、望遠鏡からの複数の画像を合成して作成された木星の単体画像では、木星の北極と南極の両方の上空にオーロラが広がっていたという。オーロラは、太陽から流れ出る粒子との相互作用により、惑星上空で起こる光のショーである。

一方、地球を飲み込むほど大きな嵐として有名な「大赤斑」は、白く見えていた。これは、太陽光を多く反射したためです。

JWSTは2021年12月に打ち上げられ、現在は地球から約100万マイル(約160万km)の距離に位置している。

ビッグバンの直後、130億年前に地球に向かって進み始めた光を検出することができます。

ハッブル望遠鏡の後継機と目されるJWSTは、今後20年の間に圧倒的な発見をもたらすと期待されています。

(translated by me)

宇宙は大きいですね。

日本だけの視点で語るのが馬鹿馬鹿しくなりますね。

これではどれ位見えるのだろう。

外を見上げて見ましょう。今日もお疲れ様でした。

木星 BBC NEWS

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

竹 慎一郎

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次