エリザベス女王2世が死去 英語で読んでみましょう。BBC NEWS速報です。

エリザベス2世が死去 

エリザベス女王が亡くなった報道が世界を駆け巡っています。

もはや、世界は、安倍元首相の国葬に出席する必要はないでしょう。英語で読んでみましょう。BBC NEWS速報です。

Queen Elizabeth II has died

Queen Elizabeth II has died – BBC News

Queen Elizabeth II, the UK’s longest-serving monarch, has died at Balmoral aged 96, after reigning for 70 years.

She died peacefully on Thursday afternoon at her Scottish estate, where she had spent much of the summer.

The Queen came to the throne in 1952 and witnessed enormous social change.

Her son King Charles III said the death of his beloved mother was a “moment of great sadness” for him and his family and that her loss would be “deeply felt” around the world.

He said: “We mourn profoundly the passing of a cherished sovereign and a much-loved mother.

“I know her loss will be deeply felt throughout the country, the realms and the Commonwealth, and by countless people around the world.”

During the coming period of mourning, he said he and his family would be “comforted and sustained by our knowledge of the respect and deep affection in which the Queen was so widely held”.

The King and his wife, Camilla, now Queen Consort, will return to London on Friday, Buckingham Palace said. He is expected to address the nation on Friday.

Senior royals had gathered at Balmoral after the Queen’s doctors became concerned about her health earlier in the day.

All the Queen’s children travelled to Balmoral, near Aberdeen, after doctors placed the Queen under medical supervision.

Her grandson and now heir to the throne, Prince William, and his brother, Prince Harry, also gathered there.

Prime Minister Liz Truss, who was appointed by the Queen on Tuesday, said the monarch was the rock on which modern Britain was built, who had “provided us with the stability and strength that we needed”.

Speaking about the new King, she said: “We offer him our loyalty and devotion, just as his mother devoted so much, to so many, for so long.

“And with the passing of the second Elizabethan age, we usher in a new era in the magnificent history of our great country, exactly as Her Majesty would have wished, by saying the words ‘God save the King’.”

The Archbishop of Canterbury Justin Welby – spiritual leader to the Church of England of which the monarch is supreme governor – expressed his “profound sadness”.

He said his “prayers are with the King and the Royal Family”.

BBC NEWS

英国で最も長く君主を務めたエリザベス二世が、70年間君主を務めた後、バルモラルにて96歳で死去しました。

木曜日の午後、夏の大半を過ごしたスコットランドの領地で安らかに息を引き取りました。

女王は1952年に即位し、社会の大きな変化を目の当たりにしてきました。

息子のチャールズ3世は、最愛の母の死は、彼とその家族にとって「大きな悲しみの瞬間」であり、彼女の喪失は世界中で「深く感じられる」だろうと述べました。

彼はこう言いました。「私たちは、大切な君主であり、多くの人に愛された母親の死を深く悼みます。」

「彼女の喪失は、国、王国、英連邦、そして世界中の無数の人々によって深く感じられることでしょう。

今後喪に服す期間、国王とその家族は「女王が広く抱かれていた尊敬と深い愛情を知ることで、慰められ支えられるだろう」と述べた。

バッキンガム宮殿によると、国王と妻のカミラ(現コンソート王妃)は金曜日にロンドンに戻る予定。国王は金曜日に国民に向けて演説を行う予定です。

女王の医師がその日のうちに健康状態を心配したため、上級の王族がバルモラルに集まっていたとのことです。

医師が女王を監視下に置いた後、女王の子供たちは全員アバディーン近郊のバルモラルに移動しました。

女王の孫で現在王位継承者であるウィリアム王子とその弟のハリー王子もそこに集まっていました。

火曜日に女王から任命されたリズ・トラス首相は、君主は近代英国を築いた岩であり、「私たちが必要とする安定と強さを与えてくれた」と述べました。

新国王について、彼女は次のように述べた。「私たちは新国王に忠誠と献身を捧げます。新国王の母親が長い間、多くの人々に献身的に尽くしたように。」

そして、第二のエリザベス朝時代の終焉とともに、女王陛下が望まれたように、『God save the King』という言葉を口にすることで、私たちの偉大な国の壮大な歴史に新たな時代を迎えるのです」。

カンタベリー大主教のジャスティン・ウェルビー(国王が最高総裁を務める英国国教会の霊的指導者)は、「深い悲しみ」を表明した。

彼は「国王と王室に祈りを捧げます」と述べました。(translated by me)

BBC NEWS
エリザベス2世が死去 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

竹 慎一郎

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次