なめたねじの取り方。電動ドライバーとAnexのビッドで必ず外れます。

screw thread striped

 ジャンクのパソコンを修理する時、まず第1に裏ブタを外さなければなりません。

裏ブタが外せないとそもそも修理などできません。

しかし、修理の前に大きな壁が立ちはだかっています。

そうです。

ねじ自体が崩れてしまって裏ブタを開くことさえできない場合が良くあります。

色々試してみましたが、これをまず行えば100%なめたねじが外れます。

まず、初めに試みることは、輪ゴムをねじに食い込ませてねじを回すというものです。

輪ゴムがねじ穴に食い込んで回すというやり方ですが、完全になめてしまったねじには全く効果はありません。

それから、チューブ状の液体をねじ穴に塗って外すというものです。液状の中には砂のようなものが入っていて、ねじがドライバーに固定できれば回せるかもしれませんが、輪ゴム同様、完全になめてしまったねじには全く効果はありません。

最後の手段ですが根気と時間がかかりますが、100%ねじは回ります。

その方法をお知らせいたします。

準備するもの

電動ドライバー

手の力では不可能です。電動ドライバーというと高価で、ねじ1本回すのにそんなお金はかけたくないというのが、本音だと思いますが、安いやつで十分です。私は2000円弱の電動ドライバーを買いました。

screw thread striped

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

竹 慎一郎

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる