「疲れないカラダを手に入れる」カズレーザーと学ぶ 先取り学習

疲れないカラダ 疲労 カズレーザー
目次

『心の疲れも体の疲れも正体は一緒! 慢性疲労の原因は脳の炎症!?』

最近、慢性的な疲労を訴える人が増えています。疲労の原因として、ストレスなどの心の疲れだけでなく、脳の炎症が関係している可能性が指摘されています。

脳には免疫細胞が存在しており、ストレスなどの刺激により過剰に反応すると、脳内で慢性的な炎症が起こります。この炎症が疲労物質の生成を促し、疲れやすい体質につながると考えられています。

また、炎症により脳内の神経伝達物質のバランスが崩れ、気分や睡眠の乱れなどの症状も出てきます。

心と体の疲れは表裏一体で、脳の炎症が疲れの共通の原因になっている可能性があるのです。

ストレス対策とともに、食事や運動で抗炎症作用のある生活習慣を取り入れることが、疲れにくい体を手に入れるコツと言えそうです。

『体が硬い人は〇〇も硬い!? 疲れやすい体質改善のカギNO(エヌオー)』

体が硬く疲れやすい人の多くは、筋肉だけでなく血管も硬くなっていることが分かってきました。硬い血管は血流を阻害するため、疲労物質の除去ができずに体の疲れが取れにくくなるのです。

血管の硬さを改善するには、野菜や果物などを積極的に取り入れて抗酸化作用を高めることが重要です。

マッサージを行うことでも血流が活発になります。また、湿度調整機能の低下から体内の水分が不足しがちなため、水分補給をこまめに心がけることも大切です。

体が硬く疲れやすい体質を改善するには、血管の柔軟性を高めて全身の血行を良くすることがカギとなりそうです。食事と運動、休養をバランスよく取る生活を心がけましょう。

『ツボで本当に疲れは取れる!? 脳内麻薬オピオイドの効能』

指圧マッサージなどのツボ療法は、疲れを取る効果があると言われています。そのメカニズムの1つに、脳内で麻薬のように作用する物質オピオイドの分泌促進が関係していると考えられています。

ツボを刺激することで、脳下垂体からβ-エンドルフィンというオピオイドが放出されます。この物質は痛みを抑える作用があり、同時にmoodを上げる働きもあるため、気分が明るくなり疲れが取れるのです。

また、オピオイドは免疫力を高める作用もあるので、疲労回復に良い影響を与えています。

ただし、オピオイドは依存性もあるため、ツボマッサージの効果を長く得るには適度な間隔を空けることが大切です。

疲れたときにツボマッサージでオピオイド分泌を促すことは、上手に疲れをリセットする有効な方法と言えそうです。

以上のように、疲れにくい体を手に入れる方法は、心と体の両面からアプローチすることが重要です。脳の炎症抑制や血管の柔軟性改善、ツボによるオピオイド分泌促進など、様々な角度から体の疲れに対処する生活習慣がカギとなりそうです。食事、運動、休養を上手に組み合わせつつ、自分に合った疲れ対策を見つけることで、疲れ知らずの体を手に入れられるはずです。


ネックケア 首 リラクゼーション器【プレゼントにも】2023新登場 (加温×EMS&TENSのW効果) 静音 軽量 首元リフレッシュ ネックリラックス ホットケア USB充電式 コードレス 10種類のモード 16段階の強度調整 液晶ディスプレイ 日本語音声ガイダンス 簡単操作 父の日 母の日 記念日 誕生日 新年 プレゼント お祝い 男女兼用 日本語説明書を同梱

2月6日(火)22:00~23:00 カズレーザーと学ぶ 

疲れないカラダ 疲労 カズレーザー

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

竹 慎一郎

コメント

コメントする

目次