US makes biggest interest rate rise in almost 30 years 日本は以前として利権争いが続く。BBC NEWS 速報です。

BBC NEWS アメリカの金利

US makes biggest interest rate rise in almost 30 years

US makes biggest interest rate rise in almost 30 years – BBC News

The US central bank has announced its biggest interest rate rise in nearly 30 years as it ramps up its fight to rein in soaring consumer prices.

The Federal Reserve said it would increase its key interest rate by three quarters of a percentage point to a range of 1.5% to 1.75%.

The rise, the third since March, comes after inflation in the US surged unexpectedly last month.

More hikes are expected, adding to the uncertainty facing the economy.

Forecasts released after the meeting showed officials expect the rate the Fed charges banks to borrow could reach 3.4% by the end of the year, the moves rippling out to the public in the form of higher borrowing costs for mortgages, credit cards and other loans.

As central banks around the world take similar steps, it marks a massive change for the global economy, where businesses and households have enjoyed years of low borrowing costs.

“Most advanced economy central banks and some emerging market central banks are tightening policy in sync,” said Gregory Daco, chief economist at strategy consulting firm EY-Parthenon.

“That is a global environment that we’ve not been accustomed to in the past few decades, and that will represent ramifications for the business sector and for consumers throughout the world.”

The head of the Federal Reserve is under pressure as price rises accelerate

米国の中央銀行は、高騰する消費者物価を抑制するための闘いを強化するため、約30年ぶりの大幅な利上げを発表した。

米連邦準備制度理事会(FRB)は、主要金利を4分の3ポイント引き上げ、1.5%から1.75%の範囲にすると発表した。

先月、アメリカのインフレ率が予想外に上昇したことを受けて、3月以来3回目の引き上げが行われることになった。

さらなる利上げが予想され、経済が直面する不確実性を高めている。

会議後に発表された予想では、FRBが銀行に課す借入金利は年末までに3.4%に達する可能性があり、この動きは住宅ローンやクレジットカード、その他のローンの借入コストの上昇という形で一般大衆に波及すると見られている。

世界中の中央銀行が同様の措置をとることで、企業や家庭が長年にわたって低い借入コストを享受してきた世界経済にとって大きな変化をもたらすことになる。

戦略コンサルティング会社EY-Parthenonのチーフエコノミスト、グレゴリー・ダコ氏は「先進国のほとんどの中央銀行と一部の新興市場の中央銀行が、同調して政策を引き締めている」と述べた。

「これは過去数十年間にはなかったグローバルな環境であり、世界中のビジネス部門と消費者に影響を与えるだろう」と述べている。(translated by me)

日本はこのまま沈んでしまうかのように見えてしまう。

海外へのばらまき、消費税は福祉や教育にまわることなく、軍事費に。

もう日本の政策は終わっているかのように見える。

7月の参議院選挙で果たしてどうなるか?

選挙に行きましょう。

日本には徴兵制はいりません。

BBC NEWS アメリカの金利

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

竹 慎一郎

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次