The First Take で使われているヘッドホンは? Sony MDR-CD900ST これなら買えるw

The First Take のヘッドホンは?

You Tube の The First Take をご存じですか?

チャンネル登録数890万の大人気のチャンネルです。

編集なしの一発撮りの音楽動画は、singer の迫力と緊張感が伝わってきます。

中島美嘉のこの曲を聴いて下さい。

「僕が死のうと思ったのは」amazarashi の名曲のカバーです。

ヘッドホンに注目してください。

このヘッドホンは、sony MDR-CD900ST です。

いくらなんだろうと疑問に思っていました。

そこで少し調べてみました。

MDR-CD900STはソニーが1990年代に発売したオーディオマニア向けの高音質ヘッドホンです。このヘッドホンのbiggestセールスポイントは、非常にクリアで精密なサウンド再生能力にあります。

まず、ドライバーユニットについてですが、MDR-CD900STはΦ40mmの液晶ポリマー複合フィルムドライバーを採用しています。液晶ポリマーは耐久性が高く、精密に音を伝達できる素材です。大口径のドライバーも音の迫力や音場感の表現力を高めています。

次に、このヘッドホンの音の特徴は、とにかく音の細部までクリアに聞こえる点にあります。中~高域の伸びやかで精緻な音の描写が非常に良いのです。例えば、ジャズやクラシック、アコースティックなどの繊細な音楽を聴く時、各楽器の定位感や空気感まで感じ取れるのはMDR-CD900STの魅力の1つです。低域もしっかりと描写され、音楽全体のバランスが非常に良いのが特徴です。

また、MDR-CD900STはオーディオ評論家からも高い評価を受けています。ステレオサウンド誌のヘッドホン特集で5点満点中4.5点を獲得するなど、オーディオマニアからの支持が厚いモデルです。

その他の特徴として、ヘッドバンドやイヤーパッドが長時間の使用にも適した高い装着感触を実現しています。音楽制作現場での長時間モニター使用にも向いています。外部ノイズを遮断するクローズドバック式のデザインもSound Isolation能力を高めています。

以上が、MDR-CD900STがオーディオマニアから支持される理由です。クリアで繊細なサウンド再生能力、装着感の良さ、そして高いSound Isolation能力が特徴的です。近年のヘッドホン市場は低価格帯の製品が主流ですが、本格派の音質を求めるならMDR-CD900STは今でも魅力的な1本だと言えるでしょう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ソニー SONY ヘッドホン MDR-CD900ST
価格:16,550円(税込、送料無料) (2024/1/18時点)


この値段なら買えそうな感じです。お手軽だけどプロも使っているなんて。

実際に使ってみたいです。

The First Take のヘッドホンは?

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

竹 慎一郎

コメント

コメントする

目次