Pococha ポコチャ リレーイベント 関西女性ライバー編 3月26日 結果

昨日は、ポコチャのリレーイベント(関西ライバー編)が行われました。

私の応援しているライバーさんは、午後から年休を取りイベントに備えたみたいでした。それほどライバーさんにとっては大イベントだったと言っても過言ではないでしょう。

私は夕方何故か配信しているのに偶然気づき、皆で対策を話し合ったものでした。twitterでポコチャを検索していた所、そのライバーさんのツイートが出ていたので分かった次第です。twitterの情報は流石はやいものだと感じました。

ライバーさんが、3,4人に3つのグループに分けられ、リレー形式で答えを当て、そのアイテムを投げて競い合うというものでした。

私は初めてのことだったので、要領が分からず、その配信に入る方法さえファミリーさんに聞いたものです。

ファミリー枠では、ファミリーさんたちが50名位おられるのでここで聞くのが一番安心です。するとご本人から連絡が入り、3番目に配信が始まることが分かりました。

19時からスタート。1人15分の持ち時間でつないでいきます。19時40分から配信に入れることは分かりましたが、2番目の様子が知りたくなり、2番目のライバーさんを検索して、2番目のライバーさんの配信に入り、事前に内容が知ることができたのは良かったと思います。考えることは皆同じ。3番目のファミリーさんの多くがもうすでに1番目から配信を見ていたのには驚きでしたが、気持ちは皆同じだと思いました。

運営から3つの質問が出されました。

ここでは特定されるのを防ぐために例を挙げておきます。

始めのヒントは、色でした。黄色とかピンクとか。コインの種類を当てるという訳です。

2番目は、「泣く」のようなヒントでしたが、それだけではもちろんまだ分かりません。

「鳴く」なのか「泣く」なのかもうライバーさんも気が動転していてリスナーには伝わりません。タグ付けもなかなかつけられず、私はコメントして、「鳴く」なのか「泣く」なのか確かめたほどでした。

しかしこの段階から、ファミリーさんたちが一斉に答えであろうと思われるコインを投げ始めたのには驚きでした。1番目、2番目のライバーさんとは違うコインであるのは容易に想像できるので、そのコインが2つ目のヒントの段階で何100枚も投げられていて圧倒させられましたが、私はネットでコインの一覧を見て、まだ早いと感じてコインを投げることはありませんでした。

終了5分前。3つ目のヒントが出されました。

例えば、「漢字1文字とひらがな1文字」のようなヒントでした。

答えが確定したと思われました。全アイテムをネット見ていて答えが確信に変わり、そのコインを50枚投げました。50枚投げるなんて初めてのことでしたが、この時に備えて課金することなく貯めておいて投げることができました。1コイン10ポイント。つまり500ポイント投げたことになります。50枚投げるのに4分間かかり、もう終了1分前でした。2番目に出された後に投げたコインとは違っていましたが、皆一斉に5分間、(時間が過ぎても投げているファミリーさんもいました)投げ続けて終了でした。

その夜、遅くそのライバーさんの配信に偶然気づき、良い結果を得られたと聞き安心したものです。まるで、中学生の時、キャンディーズを応援していた時みたいに感じました。

こんな経験は久しぶりでした。人を応援するのも久しぶりだと思います。ネットの中の人がまるで近くにいる知り合いのように感じたのも面白いことですね。

強面のライバーさんの結果はまだ分かっていませんが、デビューして間もないイベントがどうなったのかも気になる所です。

しばらくはまだ止められそうにありません。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

竹 慎一郎

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる