Netflix、大坂なおみ選手のドキュメンタリー新シリーズの予告編を公開

今日はCNN に大阪なおみ選手が、Netfilx に登場、シリーズ化されるというニュースを見つけましたのでご紹介します。

予告編が公開され、なおみ選手はその中で、What am I if I’m not a good tennis player? と話しているそうです。

監督は、アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞にノミネートされたギャレット・ブラッドリー監督です。

Netflix でのドキュメンタリー番組は世界中で話題に上ることでしょう。

3部作のドキュメンタリーは7月16日放送の予定です。

なおみ選手のグランドスラム4回優勝した活躍と人々と間の苦悩と葛藤、そしてこれからの希望が放映されることでしょう。

その記事の1部を紹介します。いよいよオリンピックですね。オリンピックでの活躍を期待しています。

Netflix launches trailer for new documentary series on Naomi Osaka

Naomi Osaka: Netflix launches trailer for new documentary series on tennis superstar – CNN

The video streaming service launched the first look at its new sport title on Tuesday, focused on the life of the four-time grand slam champion and her struggles with being catapulted into the public eye.’Naomi Osaka,’ personally narrated by the tennis star, looks back at the 23-year-old’s upbringing and how her 2018 US Open win turned her into an “overnight superstar.”


“The series is about Naomi’s journey, within a snapshot of her life,” director Garrett Bradley, whose film ‘Time’ was nominated for the Academy Award for Best Documentary Feature, said in a press release.


“But it’s also about life’s purpose, about personal worth, about the courage that it takes to allow one’s personal values to inform their work and vice versa.


“More than anything, I’d hope people can feel the power of empathy and to feel encouraged to take chances in life, perhaps especially in moments where the stakes can feel impossibly high.”

Osaka will make her return to competitive tennis at the Olympic Games in Tokyo after withdrawing from the French Open, citing mental health reasons.

She later announced she had also withdrawn from this year’s Wimbledon.


The Japanese world No. 2 revealed she had “suffered long bouts of depression” since winning her first grand slam title in 2018.


“I feel like the platform that I have right now is something that I used to take for granted, and for me I feel like I should be using it for something,” she said in a press release for the new series.

“I believe, instead of following, you have to make your own path.”


The three-part documentary will air on July 16th.

Netflixは火曜日、新しいスポーツ作品の予告編を公開しました。この作品は、グランドスラム大会で4回優勝した大坂選手の人生と、世間の注目を浴びることへの葛藤に焦点を当てています。

大坂なおみは、テニススターが自らナレーションを担当し、23歳の少女の生い立ちや、2018年の全米オープンでの優勝が彼女を “一夜のスーパースター “に変えた経緯を振り返ります。

「このシリーズは、ナオミの人生のスナップショットの中で、ナオミの旅を描いたものです。」と、映画「タイム」がアカデミー賞長編ドキュメンタリー賞にノミネートされたギャレット・ブラッドリー監督はプレスリリースで述べています。

「また、人生の目的、個人の価値、個人の価値観を仕事に反映させたり、逆に反映させなかったりするために必要な勇気についても書かれています。

「私は何よりも、人々が共感の力を感じ、人生においてチャンスを掴むことに励まされることを願っています。」

大坂選手は、精神的な理由で全仏オープンの出場を辞退し、東京オリンピックでの競技復帰を目指していました。

その後、大坂は今年のウィンブルドンも辞退することを発表しました。

日本の世界ランキング2位の彼女は、2018年に初めてグランドスラムタイトルを獲得して以来、「長い間、うつ状態に悩まされていた」と明かしました。

「今、私が持っているプラットフォームは、以前は当たり前のように使っていたもので、私にとっては何かのために使うべきものだと感じています。」と、新シリーズのプレスリリースで述べています。」新シリーズのプレスリリースで語っています。

「私は、追いかけるのではなく、自分で道を切り開くべきだと信じています」。

この3部作のドキュメンタリーは7月16日に放送されます。(拙訳)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

竹 慎一郎

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる