過去の記憶

過去の記憶

過去を振り返る。

辛いこと。

だが、必要なことかも知れない。

なぜなら、その過去によって

生かされているのかもしれないし、

決着をつけないといけないことが

多すぎて、立ち往生している

自分に気づくからである。

書くことで自分の奥底からの叫び声が

次から次へとあふれてくる。

それを全部書き記すことは不可能であるが、

この場をお借りして、

少しずつ書いていきたい。

言葉が何故だかあふれて来る。

その言葉には意味はないのかもしれない。

自己満足に過ぎない言葉かもしれない。

しかし、その言葉によって

生かされている自分がいることは

間違いない。

そして、

知らない誰かが

この文章を見ることがあるとしたら、

その人に勇気と希望を持ってもらいたいと思う。

嘘ではない。

真実だ。

過去の記憶

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

竹 慎一郎

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次