Bluetooth アダプタ 奮闘記

私のデスクトップのパソコンにはBluetooth が内蔵されていないため、アダプタを買ってBluetooth が使えるようになれば、パソコン周りの線がすっきりするのではないかと思いebayで購入した。400円位。もちろん中国製。Aliexpress は商品が届くのが遅く、1度は到着しなかったこともあった。Aliexpress に返金するように頼んだが、もう返金は済んだと言われこれも数百円の買い物対応するのが馬鹿らしくなってもうそこでは買わないことにした。それに比べてebayは、バイヤーの保護が徹底しており、返金などはスムースに運ぶのでebayで購入することにした。

追跡番号もついており、信頼できると感じ、2週間くらいで商品は到着した。やはりebayの力はすごいと感じたのだが、W10のデスクトップパソコンには認識しなかった。普通はW10 は、USBに差し込むと自動でドライバを当ててくれるが全く反応なし。デバイスマネージャーにも、設定のBluetooth の画面にも表れることはなかった。商品名らしきものをネットで調べて見た所、有名なメーカーの型番と同じ。全くのコピー製品だと判明した。

バイヤーに認識しないとメールした。流石ebayのバイヤーである。直ぐに返事が来たのだが、こちらではドライバなしでも使えるというばかり。

それでもしつこくドライバを手に入るのにどうすればよいかメールした所、再度商品を送ってくれるとの返事がきたので少しは安心したが、同じ商品が来ても結果は同じだろうと思いできることを今日試みた所だ。

汎用のドライバがあるのではないかと思い、ネットで調べた所、2つの汎用らしきドライバが分かったのだ。

Generic Bluetooth Radio

Microsoft Bluetooth Enemerator(?)

ネットで調べて見た所直ぐに見つかった。上のドライバをダウンロードした所、全く関係のないドライバのチェックのソフトがインストールされてきた。更新が必要なドライバーがいくつかあるので、上位版の購入を促される画面に切り替わり、だめだこりゃと思い、すぐにアンインストールした。

2つ目のドライバはMicrosoft 製らしいので信頼できると思い、ダウンロードに進んだ所、画面が真っ赤に変わり、「すぐに対処しなければウイルスに侵されてしまいます」の表示が出てまたしてもやられたと思い電源を切ることもできず、強制的に電源を落とす羽目になった。一応再起動を行ったが、マルウエアが入り込んでおり、 あのマカフィーの更新を促す通知が止まらず、Windows defender の力も及ばなかったことにがっかりしたが、なんとかしなければと思い、今日の日付から入ってきたアプリはないかと、コントロールパネルのソフトの一覧を探したがそれらしきものは見つけることはできなかった。

ネットでマルウエアの削除を調べた所、eset internet security の30日間お試し版が使えることが分かり今試している所だ。検索から30分位で6つの異常が見つかり、自動で駆除してくれている。この30分でポップアップ広告もなくなったのでひと安心している所であるが、安物買いの銭失いとはまさにこのことですね。依然と比べれば、中国産の電子機器には驚くべく改善されてきているのも肌で感じてはいるが、このようなことは中国産では良くあること。知ってはいるがその安さにまんまと引っ掛かり、逆に無駄な労力と時間を失うことになってしまった。

eset には感謝であるが、30日過ぎると更新のメールがどんどん来るだろうと思うと憂鬱になるが、とりあえずいつものパソコンに戻っているので良しとしよう。

もしも、Bluetooth のアダプタを買って困っている人の目に留まり、参考にして頂けると幸いです。

結局は、信頼できるメーカーから買うのが1番ですが、安くていいものがあるかもしれないと思う気持ちはなかなか変わることはないのでまた同じような失敗を繰り返してしまうかもしれません。また、その時は報告しますね!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

竹 慎一郎

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる