1回107万円の「シャンパンタワー」とは?シャンパンタワーを味わってみたいですか?

シャンパンタワー 値段
目次

1回107万円の「シャンパンタワー」とは?

歌舞伎町のホストクラブで女子高校生に提供されたとされる1回107万円の「シャンパンタワー」について、詳細な情報はまだ公開されていません。しかし、現時点までに分かっている情報に基づいて、その内容を推測することができます。

1. シャンパンタワーとは

シャンパンタワーとは、複数のシャンパンボトルを積み重ねてタワー状に並べ、上からシャンパンを注いでグラスに注ぐものです。誕生日や記念日などの特別なイベントで提供されることが多く、華やかで盛り上がる演出として人気があります。

2. 107万円のシャンパンタワーの内容

107万円という高額なシャンパンタワーは、どのような内容なのでしょうか?

高級シャンパンの使用: 107万円という価格は、一般的なシャンパンタワーとは比べ物にならないほど高額です。そのため、高級シャンパンが使用されている可能性が高いと考えられます。具体的には、ドン・ペリニヨンやクリュッグなど、1本数十万円から数百万円するようなシャンパンが使用されている可能性があります。

ボトル数: 使用されるシャンパンボトルの数は、タワーの高さや客数によって異なりますが、107万円という価格であれば、数十本から100本以上のボトルが使用されている可能性があります。

装飾: シャンパンタワーは、フルーツや花などで装飾されることもあります。107万円という価格であれば、より豪華な装飾が施されている可能性があります。

3. 提供の目的

ホストクラブでは、客に特別な気分を味わってもらうために、高額なシャンパンタワーを提供することがあります。今回のケースでは、女子高校生に高額なシャンパンタワーを提供することで、特別な存在であると感じさせ、高額な料金を支払わせることを目的としていた可能性があります。

4. 問題点

未成年者に酒を提供することは法律で禁止されています。今回のケースでは、女子高校生が15歳だったため、ホスト側が未成年であることを認識していた可能性が高いです。高額なシャンパンタワーを提供することで、女子高校生に酒を飲ませ、高額な料金を支払わせるという悪質な行為と言えるでしょう。

5. 今後の見通し

今後、警視庁は今回の事件について詳しく調べていくとみられます。稲場容疑者以外にも、事件に関与した人物がいる可能性もあり、捜査が進展次第、新たな事実が明らかになるかもしれません。


シャンパンタワー 値段

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

竹 慎一郎

コメント

コメントする

目次