高校 妊娠 退学

 

妊娠して、高校1年生の二人は退学した。

彼らは一体どうなったのだろう。

ある先生は、こんなことになって、再びまた行為

に及ぶことは考えられないと言ったのを覚えている。

未婚の若い女の先生の言葉だったので、ちょっと驚いたからだ。

たしかにそうだろう、もう2度と子作りにははげめないだろう、私も

そう思った。退学して、2年後。

駅で私を呼ぶ声。

先生!先生!

その時は長い休職から復帰していたので、ほんとに先生だった。

男の子がさっと後ろを振り返り、顔を伏せた。

女の子が手を振っている。

あの時の2人だった。別れてはいなかった。

私は、再び会えて、嬉しかった気持ちをそのまま伝えた。

女の子は、通信高校でホームヘルパーを目指していると言う。

男の方はしばらく顔を伏せていたが、やがて顔を上げて、コンビニで

働いていると言った。これから、若い2人の道のりは厳しいかも知れない。

しかし、あの時、もし産んでいたらどうなったのだろう。うまくいったかも

知れないなどと考えて、私は駅に向かった。
240px-Hyugashi-sta-platform

別れていなくてよかった。

皆、3年生。2人は高校を離れ、懸命に生きている。

それだけのことではあるが、1つ決着を付けることができた。

この事件で私は、高校を去ろうと思ったこの事件への。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

竹 慎一郎

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる