雨の月曜日

images

昨日は、例の子供の体育大会で無事行くことはできた。

元の同僚に会ってしまい、内心うろたえたが向こうは

私の現況を知らないと思われたので、普通に接したが

まさか休職しているとも言えず、後味の悪さだけが

残った。息子の晴れ舞台は少しだけだが、垣間見る

こともできた。曇り空だったが、顔も腕もいつも

運動していないので真っ赤になった。息子は帰ってきたのは

7時半位で、力が有り余っている様子だった。

総合優勝だったので、多少興奮気味だった。

私は何もしていないのでやるせない感じをぬぐい去ることは

できなかった。

早めに帰ってきて、「いねむり先生」のDVDの続きを独りで見たが

涙が止まらなかった。こういう生き方は私にはできるのだろうか?

明らかに伊集院静にとっての、いねむり先生は転機となる出会い

だと感じた。

朝早くから、代休にも関わらず息子は遊びに行ったが、

父は何をするわけでもなく、雨の月曜日を過ごしている。

苦しい。

休めない。おまけに飼っているハムスターも癌で余命1か月

と来た。静かに死を待つのはつらいものがある。

人でも動物でも同じことだ。早く楽になりたい。変われるものなら

変わってやりたい気分である。

何か生産性のあることがしたい。空回りばかりしている。

昼ごはんでも食べようか?パンでもかじるとしよう。

%e7%84%a1%e9%a1%8c

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

竹 慎一郎

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる