障がい者 特権

無題

精神障がい者3級、それが私に与えられた級である。これは

自らが申請するもので、どんなに症状がひどくても

申告しなければ与えられるものではない。障がい者としての

烙印を押されるのを拒む権利も与えられているのである。

私は、障がい者のメリットの方を選んだ。もう、働くことは

できないし、その方が生きやすいのではないかと感じた。

迷いが全くなかった訳ではない。人には見られたくないからだ。

それでも、3級であろうとも申請にドクターの診断書が

3000円で、住民税・所得税の控除、バス半額、プール無料

そして美術館は付き添いもただ。昨日は、県立美術館に妻と

出かけた。別に、絵が好きだという訳ではないが、とにかく

気分転換が必要だと感じたからだ。妻もただならついてくる。

若い頃のようなデートとはいかないが、夫婦2人で外出

するなど皆無だから、少し刺激的ですらある。

有名な、これまで教科書で見たことのある絵画を見ることが

できて私は気分転換にも充分満足だったので、無理してでも

行って良かったと思う。妻は売店で自分の名前の刻印を買い

喜んでいた。少しずつ外に出たいと思う気持ちが出てきたように

思える。6畳の部屋に引きこもっていたが、半年たって気だけは

外に向かうようになった。足が自転車なので、思うようにはいかないが

今日は曇り。昨日までの炎天下がうそのようである。

このくらいの天候なら釣りに行けるかもしれない。

窓から曇り空を見て、はるかなる海に思いをはせらせる。

images7Q25GDZA

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

竹 慎一郎

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる