梅雨に入りました。梅雨の必需品。2021年の梅雨は一味違います!

2021年5月16日、気象台は、近畿地方、東海が梅雨入りしたと発表しました。私の住んでいる九州南部は、5月11日にすでに梅雨入りしています。

日本は、四季がはっきりしていると言われますが、春の次にはこの梅雨が1か月程度続きます。北海道には梅雨はありませんが、気になるので梅雨について調べてみました。

エリア2021年昨年平年
沖縄5月5日頃 5月16日頃5月10日頃
奄美5月5日頃5月17日頃5月12日頃
九州南部5月11日頃5月30日頃5月30日頃
九州北部5月15日頃6月11日頃6月4日頃
四国5月15日頃6月10日頃6月5日頃
中国5月15日頃6月10日頃6月6日頃
近畿5月16日頃6月10日頃6月6日頃
東海5月16日頃6月10日頃6月6日頃
関東甲信 6月11日頃6月7日頃
北陸 6月11日頃6月11日頃
東北南部 6月11日頃6月12日頃
東北北部 6月25日頃6月15日頃

表を見ても分かる通り、例年よりも、2週間以上早くなっています。日本の梅雨は、毎日雨が降り続く訳ではありません。雨が降りやすい季節といった方がいいかもしれません。ちなみに、今日の九州南部は、室温29度、外は晴れて雨が降る気配はありません。昨日は、降ったり止んだりの1日でした。

梅雨になると、湿度が高くなり、うっとうしい日々が続きます。晴れていたかと思うと急に雨が降り出したりと出かける時は、傘が手放せません。自転車の傘さし運転は今は禁止されていますので、自転車に乗る場合はカッパを着なければなりません。

自転車通学をしていた高校時代は、雨の日にカッパを着ることほど嫌なことはありませんでした。雨のために、カッパを脱ぐだけでも苦労したものです。こんな季節にも属さない梅雨が1か月位は続く訳ではありませんので、たまったものではありません。

そこで梅雨を乗り切るために必要な物を考えてみました。

折り畳み用と通常の傘が必要となります。出かける時は雨が降っていなくても、降り出す可能性も高いからです。外国の人は少々の雨では傘を差さない場合も多いと思いますが、日本の雨は傘がないとびしょ濡れになってしまいます。でも、おしゃれな傘をさすと目立つかもしれませんね。

カッパ

自転車に乗る人はカッパを着なければなりません。日本のカッパはポンチョのようなものではなく、上下着なければなりません。

エアコン

除湿だけでもかなりの効果があります。私が住んでいる九州南部だと、5月にエアコンをつけなければならないのは、記憶にないと思います。30度近く気温が上がり、湿度が高いとうちわだけでは無理と思います。うちわは夏、花火を見る時によく使いますが、普段の暑い日でも使われます。エアコンが最強なことには間違いありません。

乾燥剤

これは、部屋の隅や押し入れに入れておきます。小さな容器が水一杯になるので、いかに部屋の中に湿度が高いのかがわかります。水いっぱいになった乾燥剤は、ふたを開けて草にまけば除草剤にもなります。エアコンをつけっぱなしにできるご家庭には必要ないかもしれませんが。

アイスクリーム・冷たい飲み物

夏には冷たいものが欠かせなくなります。アイスクリームや冷たい飲み物で暑さをしのぎましょう。雪見だいふくは私のお気に入りです。

脱水症状にも気をつけなければなりません。

梅雨が明けると、夏がやってきます。今年の梅雨は早く始まった分、早く夏が来る予感がしています。

体調管理にはくれぐれも気を付けていきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

竹 慎一郎

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる