梅雨に入りました。梅雨の必需品。2021年の梅雨は一味違います!

rainy season in Japan

2021年5月16日、気象台は、近畿地方、東海が梅雨入りしたと発表しました。私の住んでいる九州南部は、5月11日にすでに梅雨入りしています。

日本は、四季がはっきりしていると言われますが、春の次にはこの梅雨が1か月程度続きます。北海道には梅雨はありませんが、気になるので梅雨について調べてみました。

エリア2021年昨年平年
沖縄5月5日頃 5月16日頃5月10日頃
奄美5月5日頃5月17日頃5月12日頃
九州南部5月11日頃5月30日頃5月30日頃
九州北部5月15日頃6月11日頃6月4日頃
四国5月15日頃6月10日頃6月5日頃
中国5月15日頃6月10日頃6月6日頃
近畿5月16日頃6月10日頃6月6日頃
東海5月16日頃6月10日頃6月6日頃
関東甲信 6月11日頃6月7日頃
北陸 6月11日頃6月11日頃
東北南部 6月11日頃6月12日頃
東北北部 6月25日頃6月15日頃

表を見ても分かる通り、例年よりも、2週間以上早くなっています。日本の梅雨は、毎日雨が降り続く訳ではありません。雨が降りやすい季節といった方がいいかもしれません。ちなみに、今日の九州南部は、室温29度、外は晴れて雨が降る気配はありません。昨日は、降ったり止んだりの1日でした。

梅雨になると、湿度が高くなり、うっとうしい日々が続きます。晴れていたかと思うと急に雨が降り出したりと出かける時は、傘が手放せません。自転車の傘さし運転は今は禁止されていますので、自転車に乗る場合はカッパを着なければなりません。

自転車通学をしていた高校時代は、雨の日にカッパを着ることほど嫌なことはありませんでした。雨のために、カッパを脱ぐだけでも苦労したものです。こんな季節にも属さない梅雨が1か月位は続く訳ではありませんので、たまったものではありません。

そこで梅雨を乗り切るために必要な物を考えてみました。

折り畳み用と通常の傘が必要となります。出かける時は雨が降っていなくても、降り出す可能性も高いからです。外国の人は少々の雨では傘を差さない場合も多いと思いますが、日本の雨は傘がないとびしょ濡れになってしまいます。でも、おしゃれな傘をさすと目立つかもしれませんね。

rainy season in Japan

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

竹 慎一郎

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる