日本猿。地元住民を恐怖に陥れた猿を捕獲 BBC NEWS 速報です。

猿 山口県

山口県の猿がBBC NEWSに登場しました。

日本では全く報道されていませんが、BBC NEWSではかなり大きく取り上げられています。

Japan monkeys: Member of gang terrorising locals caught and killed

Japan monkeys: Member of gang terrorising locals caught and killed – BBC News

Japan monkeys: Member of gang terrorising locals caught and killed

The macaques have injured almost 50 people in Yamaguchi.

The male primate was found in the grounds of a high school on Tuesday evening by specially commissioned hunters.

It was tranquilised and later put down when it was identified as one of the animals responsible for the attacks.

Authorities have been hunting the monkeys since the attacks began on adults and children about three weeks ago. Most injuries have been mild scratches and bites.

Incidents are still being reported and the search continues for other members of the gang, an official at the local agricultural department told AFP.

“Eyewitnesses describe monkeys of different sizes, and even after the capture, we’ve been getting reports of new attacks,” he said.

The captured monkey was estimated to be four years old and was about half a metre tall (1ft 7in).

Japanese macaques are common in large parts of the country and in some areas are considered a pest, eating crops and sometimes entering homes.

However, the attacks in Yamaguchi are unusual.

A city official said before the capture that it was “rare to see this many attacks in a short period of time”.

“Initially, only children and women were attacked,” they said, adding: “Recently, elderly people and adult men have been targeted too.”

Earlier efforts to capture the animals with traps failed and police patrols set up in early July have been unsuccessful until now.

Reports include a four-year-old girl scratched after a monkey broke into her apartment and one animal entering a kindergarten classroom.

Once a vulnerable species, Japanese macaques have recently seen a population boom.

This has led to “serious conflicts” with people, according to research from Yamagata University. Changes in human behaviour and forest environments may be one cause.

BBC NEWS

ニホンザルは山口県で50人近くを負傷させた。

オスのサルが火曜日の夕方、特別に依頼されたハンターによって高校の敷地内で発見された。

この霊長類は麻酔をかけられ、その後、襲撃の原因となっている動物の一匹であることが確認され、処分された。

約3週間前に大人や子供が襲われて以来、当局がこのサルを捕獲しているが、ほとんどは怪我は軽い擦り傷や噛み傷。

地元農業局の職員はAFPに対し、「事件はまだ報告されており、他の一味の捜索も続けられている。」と語った。

「目撃者はさまざまな大きさのサルを目撃しており、捕獲後も新たな攻撃を受けているとの報告がある。」と述べた。

捕獲されたサルは推定4歳で、体高は約0.5メートルだった。

ニホンザルは日本の広い範囲に生息しており、地域によっては農作物を食べたり、時には家に入り込んだりして迷惑な存在とされている。

しかし、山口での襲撃は異例である。

市の担当者は捕獲前、「短期間にこれだけの数の攻撃があるのは珍しい。」と話していた。

“当初は子供や女性だけが襲われていた “と言い、こう付け加えた。”最近では、高齢者や成人男性も狙われている “という。

これまで罠で捕獲しようとしたが失敗し、7月上旬に設置された警察のパトロールも今に至るまで失敗している。

また、4歳の女の子がサルに侵入されて引っかかれたとか、幼稚園の教室に1匹が侵入したなどの報告もある。

かつて弱者であったニホンザルは、最近になって個体数が急増。

山形大学の研究によると、このことが人間との「深刻な対立」につながっているという。人間の行動や森林環境の変化が原因の一つと考えられる。(translated by me)

山口県と言えば、安倍元首相の拠点ですが、山口県の猿も安倍氏の死を悲しんでいるのかもしれません。

Yamaguchi Prefecture is the base of former Prime Minister Abe, and perhaps the monkeys of Yamaguchi Prefecture are also saddened by Abe’s death.

猿 山口県

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

竹 慎一郎

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次