日本におけるコロナの状況。錦織圭の発言に注目。

日本のゴールデンウイークが終わって1週間経った。

緊急事態宣言は4都市に出されていたが、今月31日までに延長されることになっている。

4都市(東京、大阪、兵庫、京都)以外にも、独自の判断で県が自粛の宣言をしている県も出てきた。

私の住んでいるのは、九州の田舎であるが、31日まで自粛要請が出ている。クラスターが毎日のように起こっているが、どこで起こったかは報道されない。しかも、クラスターが起った専門学校のホームページでは、クラスターが起こったことを知らせ、喚起の声をあげているのに、県も市も明らかにしないとはばかげたことだと思う。

鹿児島県ではクラスターが起こった専門学校や大学の名前まで報道されている。

ゴールデンウイーク前の状況と5月11日現在の状況を見て頂きたい。

2021年4月25日、23時55分、新型コロナウイルスの感染者数は、54374人(前日比 +1572人)、新規感染者数は、4605人となっていた。

2021年4月26日23時55分の、感染者数は、53854人(前日比-398人)、新規感染者数は、3320人なり、やや減少傾向が見られている。ちなみに、東京都の感染者数は、425人であった。

世界の発生状況も、4月27日10時、新規感染者数は、794573人(前日比-38690人)と減少している。

2021年4月27日、23時55分、感染者数は、55130人(前日比 +1284人)、新規感染者数4965人となり、昨日は減少傾向であったが、増加傾向に転じている。世界の新規感染者数は、657510人(前日比 -124882人)とこちらは減少傾向となっている。

2021年5月10日23時55分、感染者数は、72703人(前日比 +739人)、新規感染者数は、5074人となっている。

これが日本の現状である。7月23日のオリンピックはどうなるのであろうか?

Covid-19 in Japan
Olympics will be held?

菅首相の答弁もあいまいで歯切れが悪い。河野太郎ワクチンクチン担当相は、本日11日、愛知県西尾市の副市長が、薬局大手を経営する会社会長夫妻の新型コロナウイルスワクチン予約を優先的に確保するよう担当部局に指示したことについて「そういう事例があったことは承知している。希望する方全員が打てるだけのワクチン供給は確保されている。焦らずにお待ちいただきたい」と述べている。

6月までに1億本の接種の話はどこかに消えてなくなっている。コロナワクチンの接種を権力で手に入れようという輩がいることは看過することはできない。自分さえ助かれば良いと考えているのであろう。

日本の政治家には、どうやらオリンピックの開催をどうすれば良いのかの決定権はないと思う。IOCのバッハ会長も、10日、「安全な東京オリンピックの開催」を望んでいると報道された。バッハ会長にもどうやら、オリンピックの開催についての決定権はないのではないかと思う。

日本のテニスプレーヤーの錦織圭が、アスリートの立場からこのように発言した。

「今回(イタリア国際)のような100人規模の大会じゃなくて、1万人が選手村に集まって大会に参加する。だから、簡単じゃないと思う。特に今、日本で起きている状態は、うまくはいっていない。日本だけじゃなく、世界中で今、起こっていることを考えなくてはいけない。まだ2、3か月ある。今何かを言うのは難しい。ただ、今は保留していても、いつかは決めないといけない。もしそれが今なら、とても難しいと自分は思う。」

日本人の約8割がオリンピックの開催を望んでいないとのデータもある。(ヤフー調査)

日本人にはオリンピックの開催についての決定権はない。

世界からの、あなたの呼びかけに期待するだけである。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

竹 慎一郎

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる