手紙 東野圭吾

本とDVDでは結末の音楽が違うのが、気になった。

本ではimagine 勿論ジョン・レノン

映画ではオフコースの曲。

日本人にとって、ジョン・レノンは、オフコースのように

とらわれているのだと感じた。日本の映画の感動的なシーンでは

imagine よりもオフコースの方が適切だと、製作者側は考えたのだろう。

私も、日本人だから、最後にイマジンが流れてくるのを待っていたら

オフコースが流れてきたので、まずびっくりしたが、すぐに納得、

涙が流れてきた。こんなことは、私にはあまりないことなので、

自分でも驚いている。私は、大学で英語を専攻し、博士課程まで進んだので、

イマジンの方が合っていると思っていた。書いたのは東野圭吾、日本人だ。

犯罪者の兄の前での漫才をする弟。これまで、兄によってどれだけ苦しめられたか

わからない。弟の演ずる漫才をお坊さんのように、手を合わせて拝んでいる兄。

目には涙が溢れている。バックには、イマジンとオフコースの曲が同時に

流れ、涙が止まらなかった。イマジンでも良かったのではないかな、ひとり考える。

イマジンの力を疑ったのは製作者ではなく、イマジンを理解できない日本人の方が多い

と考えたのだろうが、正解だったのかも知れない。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

竹 慎一郎

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる