加藤被告、死刑執行される。BBC NEWS 速報です。

加藤被告 死刑

あの痛ましい秋葉原での殺人事件は忘れることの出来ない事件であった。

2008年、14年の歳月が過ぎたが本日、2022年7月22日に死刑が執行されたと報道された。

BBC NEWS では、この事件を取り上げて、最も世界中で読まれている。

一部、紹介しようと思う。

Tomohiro Kato: Japan executes Akihabara mass murderer, say reports

Tomohiro Kato: Japan executes Akihabara mass murderer, say reports – BBC News

Tomohiro Kato: Japan executes Akihabara mass murderer, say reports

Japan has executed a 39-year-old man who killed seven people in Tokyo in 2008 during a stabbing rampage.

Tomohiro Kato committed one of the most shocking mass murders in the country’s recent history.

He was 25 when he drove a truck into a lunch-time crowd of pedestrians at Akihabara shopping district, killing three people.

He then stabbed passers-by with a dagger, killing four and wounding eight.

He was apprehended by police at the scene and later admitted his crimes in his trial, saying he had been angered by online bullying.

The crime sparked much debate in Japanese society at the time over random killings, online influence and the failures in mental health support for young people. Laws on knife ownership were also tightened in response.

On Tuesday, eight years after Kato was sentenced to death, the government confirmed it had ordered his execution.

“The case has been fully tried in the courts and the courts’ final conclusion was the death sentence… I have taken the greatest care possible in considering this case,” Justice Minister Yoshihisa Furukawa said at a press conference.

Kato was born into a wealthy family and graduated from a top high school. But he failed his university entrance exams and struggled to maintain steady employment afterwards.

During his trial, prosecutors also painted a picture of a troubled young man, who had posted several times in online forums about his anger and alienation from society.

Prosecutors said Kato was particularly demoralised after a woman he was chatting with online stopped emailing him. On his way into the city the day of the attack, he’d declared his intention to carry out a mass murder.

Kato

日本は、2008年に東京で7人を刺し殺した39歳の男の死刑を執行した。

加藤智大は、日本の最近の歴史の中で最も衝撃的な大量殺人の一つを犯した。

彼は25歳のとき、秋葉原の商店街で昼休みの歩行者の群れにトラックで突っ込み、3人を殺害した。

その後、短剣で通行人を刺し、4人を殺害、8人を負傷させた。

彼は現場で警察に逮捕され、その後の裁判で、ネット上のいじめに腹を立てたと犯行を認めた。

この事件は、当時の日本社会で無差別殺人やネットの影響、若者への精神的なサポートの不備などについて多くの議論を巻き起こした。これを受けて、ナイフの所持に関する法律も強化された。

加藤が死刑を宣告されてから8年後の火曜日、政府は彼の死刑を命じたことを確認した。

「この事件は裁判所で十分に審理され、裁判所の最終的な結論は死刑判決であった…。私はこの事件を検討するにあたり、最大限の注意を払った」と古川佳久法務大臣は記者会見で述べた。

加藤被告は裕福な家庭に生まれ、トップクラスの高校を卒業した。しかし、大学受験に失敗し、その後も安定した雇用を維持するのに苦労していた。

加藤被告の裁判では、検察側は、ネットの掲示板に何度も怒りと社会からの疎外感を書き込んでいた問題児というイメージも描いていた。

検察は、加藤がネット上でチャットをしていた女性からメールが来なくなってから、特に意気消沈していたと述べた。事件の日、彼は街に出る途中で大量殺人を行うつもりだと宣言していた。(translated by me)

日本では死刑の執行については、様々な意見があるが、死刑の執行のニュースは日本ではさほど大きく報道されないのも気になる所である。

While there is a wide range of opinions on the death penalty in Japan, it is also worrisome that news of executions is not reported very widely in Japan.

加藤被告 死刑

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

竹 慎一郎

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次