サル痘。ブラジルとスペインでアフリカ以外で初の死者  BBC NEWSから。

サル痘 BBC NEWS

世界での発生状況

 厚生労働省のHPには次のように記されていて拡大が危惧されています。 サル痘について|厚生労働省 (mhlw.go.jp)
2022年の欧米を中心とした流行では、1万6千人以上の感染例が報告されており、常在国(アフリカ大陸)から5例の死亡例が報告されている(7月22日時点)
WHOによると、現在報告されている患者の大部分は男性ですが、女性の感染も報告されています。
2022年7月22日時点の、サル痘の発生状況は以下のとおり。

アメリカ、アフリカでの感染が増えて来ているようです。BBC NEWSの記事を見てみましょう。

Monkeypox: First deaths outside Africa in Brazil and Spain

Monkeypox: First deaths outside Africa in Brazil and Spain – BBC News

Monkeypox: First deaths outside Africa in Brazil and Spain

Brazil and Spain have reported their first monkeypox deaths.

A 41-year-old man in Brazil became the first fatality from the virus outside Africa. Spain announced two deaths soon afterwards – the first in Europe.

Last week, the World Health Organization (WHO) declared the monkeypox outbreak a global health emergency.

But infections are usually mild and the risk to the general population is low.

On Friday Brazil’s health ministry said the victim there had suffered from lymphoma and a weakened immune system, and “comorbidities aggravated his condition”.

Brazil has so far reported 1,066 confirmed cases and 513 suspected cases of the virus. Data from Brazil’s health ministry indicates that more than 98% of confirmed cases were in men who have sex with men.

Shortly afterwards, Spain’s health ministry confirmed Europe’s first death from the virus – a patient who suffered from encephalitis.

A second death linked to monkeypox was confirmed by Spanish authorities on Saturday.

The health ministry said that of 3,750 monkeypox patients with available information, 120 or 3.2% had been hospitalised.

According to the US Centers for Disease Control and Prevention, there are 21,148 cases worldwide.

The monkeypox virus is a member of the same family of viruses as smallpox, although it is much less severe and experts say chances of infection are low.

It occurs mostly in remote parts of central and west African countries, near tropical rainforests.

Health officials are recommending people at highest risk of exposure to the virus – including some gay and bisexual men, as well as some healthcare workers – should be offered a vaccine.

Last week, WHO director general Dr Tedros Adhanom Ghebreyesus said declaring the outbreak a global health emergency would help speed up the development of vaccines and the implementation of measures to limit the spread of the virus.

Dr Tedros said the risk of monkeypox is moderate globally, but high in Europe.

But, he added, “this is an outbreak that can be stopped with the right strategies in the right groups”. The WHO is issuing recommendations, which it hopes will spur countries to take action to stop transmission of the virus and protect those most at risk.

症状

サル痘。ブラジルとスペインでアフリカ以外で初の死者

ブラジルとスペインで、サル痘による初の死者が報告された。

ブラジルの41歳の男性が、アフリカ以外でこのウイルスによる最初の死者となった。スペインはその後すぐに2名の死亡を発表したが、これはヨーロッパで初めてのことである。

先週、世界保健機関(WHO)は、サル痘の発生を世界的な健康上の緊急事態と宣言した。

しかし、感染は通常軽度であり、一般市民へのリスクは低い。

金曜日にブラジル保健省は、同国の被害者がリンパ腫と免疫力の低下を患っており、「併存疾患が病状を悪化させた」と発表した。

ブラジルでは、これまでに1,066人の確定患者と513人の疑い患者が報告されている。ブラジル保健省のデータによると、確定症例の98%以上が、男性と性交渉を持つ男性であった。

その直後、スペイン保健省は、ヨーロッパで初めてこのウイルスによる死亡者(脳炎を患った患者)を確認した。

土曜日には、スペイン当局によって、サル痘に関連した2人目の死亡が確認された。

同保健省によれば、サル痘患者3750人のうち、120人(3.2%)が入院しているとのことである。

米国疾病対策予防センターによれば、全世界で21,148人の患者がいるとのことである。

サル痘ウイルスは天然痘と同じウイルス科に属するが、重症度ははるかに低く、感染の可能性は低いと専門家は述べている。

このウイルスは、中央および西アフリカ諸国の熱帯雨林に近い遠隔地で多く発生している。

保健当局は、このウイルスにさらされる危険性が最も高い人々(ゲイやバイセクシュアル男性、医療従事者の一部など)にワクチンの接種を勧奨している。

先週、WHO事務局長のテドロス・アダノム・ゲブレイエスス博士は、この発生を世界保健緊急事態と宣言すれば、ワクチンの開発とウイルスの拡散を抑えるための措置の実施を加速させることができると述べた。

テドロス博士によれば、サル痘のリスクは世界的には中程度だが、ヨーロッパでは高いとのことである。

しかし、「これは、適切な集団で適切な戦略をとれば食い止められる流行である」とも付け加えた。WHOは、ウイルスの感染を食い止め、最もリスクの高い人々を保護するために各国が行動を起こすよう、勧告を発表している。(translated by me)

この記事を読むと第2のエイズに近いものかと思います。

ゲイの男性患者は注意しなければならないでしょう。

サル痘 BBC NEWS

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

竹 慎一郎

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次