ウィルバー・スミス ザンビア生まれの人気作家、88歳で死去 BBC NEWS 速報です。

Wilbur Smith: Popular Zambian-born author dies aged 88

Wilbur Smith: Popular Zambian-born author dies aged 88 – BBC News

International best-selling author Wilbur Smith has died at his home in Cape Town at the age of 88, his publisher has announced.

He passed away on Saturday afternoon with his wife, Niso, by his side, a statement published on the Wilbur Smith Books website said.

Smith’s 49 published books have sold more than 140 million copies worldwide.

He gained widespread recognition following the publication of his debut novel When the Lion Feeds in 1964.

The book, which told the story of a young man growing up on a South African cattle ranch in the shadow of the Zulu wars and the gold rush, quickly became a bestseller.

It was a tale based partly on his own experience – Smith told the BBC in an interview in 2013 that at the age of 13 he shot dead a lion that had attacked cattle on his father’s property.

Indeed, the novelist’s personal life resembled that of many of his buccaneering protagonists; he was a big game hunter, a scuba diver and also a licensed pilot.

Smith was also “a believer in deep research”, the statement from his publisher says, and the success of his first book allowed him the “opportunity to travel far and wide in search of inspiration and adventure”.

ウィルバー・スミス – Wikipedia

世界的なベストセラー作家であるウィルバー・スミスが、ケープタウンの自宅で88歳で亡くなったと、彼の出版社が発表しました。

土曜日の午後、妻のニソさんに見守られながら息を引き取ったと、ウィルバー・スミス・ブックスのウェブサイトに掲載された声明で述べられています。

スミス氏が出版した49冊の本は、全世界で1億4千万部以上の売り上げを記録しています。

1964年にデビュー作『When the Lion Feeds』を出版し、広く知られるようになりました。

この小説は、ズールー族の戦いやゴールドラッシュの影に隠れた南アフリカの牧畜場で育った青年の物語で、瞬く間にベストセラーとなりました。

スミスは2013年にBBCのインタビューに応じ、13歳のときに父親の所有する牧場で牛を襲ったライオンを射殺したと語っている。

実際、スミスの私生活は、大物ハンター、スキューバダイバー、そしてパイロットの免許を持つなど、多くの冒険家の主人公たちと似ていた。

出版社からの声明によると、スミスは「深い研究の信奉者」でもあり、最初の本の成功によって「インスピレーションと冒険を求めて遠くへ旅する機会」を得たという。(拙訳)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

竹 慎一郎

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる