イギリス国王チャールズ3世の国民と英連邦への演説全文 日本語訳

チャールズ3世 演説 全文 日本語訳

King Charles III’s address to the nation and Commonwealth in full

King Charles III’s address to the nation and Commonwealth in full – BBC News

I speak to you today with feelings of profound sorrow. Throughout her life, Her Majesty the Queen – my beloved Mother – was an inspiration and example to me and to all my family, and we owe her the most heartfelt debt any family can owe to their mother; for her love, affection, guidance, understanding and example.

Queen Elizabeth’s was a life well lived; a promise with destiny kept and she is mourned most deeply in her passing.

That promise of lifelong service I renew to you all today.

Alongside the personal grief that all my family are feeling, we also share with so many of you in the United Kingdom, in all the countries where the Queen was head of state, in the Commonwealth and across the world, a deep sense of gratitude for the more than 70 years in which my mother, as Queen, served the people of so many nations.

In 1947, on her 21st birthday, she pledged in a broadcast from Cape Town to the Commonwealth to devote her life, whether it be short or long, to the service of her peoples.

That was more than a promise: it was a profound personal commitment which defined her whole life.

She made sacrifices for duty. Her dedication and devotion as sovereign never wavered, through times of change and progress, through times of joy and celebration, and through times of sadness and loss.

In her life of service we saw that abiding love of tradition, together with that fearless embrace of progress, which make us great as nations.

The affection, admiration and respect she inspired became the hallmark of her reign. And, as every member of my family can testify, she combined these qualities with warmth, humour and an unerring ability always to see the best in people.

I pay tribute to my mother’s memory and I honour her life of service. I know that her death brings great sadness to so many of you and I share that sense of loss, beyond measure, with you all.

When the Queen came to the throne, Britain and the world were still coping with the privations and aftermath of the Second World War, and still living by the conventions of earlier times.

In the course of the last 70 years we have seen our society become one of many cultures and many faiths.

The institutions of the state have changed in turn. But, through all changes and challenges, our nation and the wider family of realms – of whose talents, traditions and achievements I am so inexpressibly proud – have prospered and flourished. Our values have remained, and must remain, constant.

The role and the duties of monarchy also remain, as does the sovereign’s particular relationship and responsibility towards the Church of England – the Church in which my own faith is so deeply rooted.

In that faith, and the values it inspires, I have been brought up to cherish a sense of duty to others, and to hold in the greatest respect the precious traditions, freedoms and responsibilities of our unique history and our system of parliamentary government.

As the Queen herself did with such unswerving devotion, I too now solemnly pledge myself, throughout the remaining time God grants me, to uphold the constitutional principles at the heart of our nation.

And wherever you may live in the United Kingdom, or in the realms and territories across the world, and whatever may be your background or beliefs, I shall endeavour to serve you with loyalty, respect and love, as I have throughout my life.

My life will of course change as I take up my new responsibilities. It will no longer be possible for me to give so much of my time and energies to the charities and issues for which I care so deeply. But I know this important work will go on in the trusted hands of others.

This is also a time of change for my family. I count on the loving help of my darling wife, Camilla. In recognition of her own loyal public service since our marriage seventeen years ago, she becomes my Queen Consort. I know she will bring to the demands of her new role the steadfast devotion to duty on which I have come to rely so much.

As my heir, William now assumes the Scottish titles which have meant so much to me. He succeeds me as Duke of Cornwall and takes on the responsibilities for the Duchy of Cornwall which I have undertaken for more than five decades.

Today, I am proud to create him Prince of Wales, Tywysog Cymru, the country whose title I have been so greatly privileged to bear during so much of my life and duty.

With Catherine beside him, our new Prince and Princess of Wales will, I know, continue to inspire and lead our national conversations, helping to bring the marginal to the centre ground where vital help can be given.

I want also to express my love for Harry and Meghan as they continue to build their lives overseas.

In a little over a week’s time we will come together as a nation, as a Commonwealth and indeed a global community, to lay my beloved mother to rest. In our sorrow, let us remember and draw strength from the light of her example. On behalf of all my family, I can only offer the most sincere and heartfelt thanks for your condolences and support. They mean more to me than I can ever possibly express.

And to my darling Mama, as you begin your last great journey to join my dear late Papa, I want simply to say this: thank you. Thank you for your love and devotion to our family and to the family of nations you have served so diligently all these years.

May “flights of Angels sing thee to thy rest”.

BBC NEWS

https://www.bbc.com/news/av-embeds/62856395/vpid/p0czk6cm

私は今日、深い悲しみの念に駆られながら、皆様にお話ししています。生涯を通じて、女王陛下(私の最愛の母)は、私と私の家族全員にとって、インスピレーションと模範となる存在であり、私たちは、どんな家族でも母親に負うことのできる最も心からの恩義、その愛、愛情、指導、理解、手本に対して、女王に恩義があります。

エリザベス女王は、よく生きた人生であり、運命の約束を守った人であり、彼女の死は最も深い悲しみに包まれています。

生涯現役というこの約束を、私は今日、皆さんに新たにお伝えします。

私の家族全員が感じている個人的な悲しみとともに、英国、女王が国家元首であったすべての国、英連邦、そして世界中の多くの皆さんと、私の母が女王として多くの国の人々に奉仕した70年以上に対する深い感謝の念を分かち合っています。

1947年、21歳の誕生日を迎えた母は、ケープタウンから英連邦に向けた放送で、短くても長くても、自分の人生を自国民への奉仕に捧げることを誓いました。

これは単なる約束ではなく、彼女の生涯を決定づけた深い個人的な決意でした。

彼女は義務のために犠牲をい、変化と進歩の時代、喜びと祝賀の時代、そして悲しみと喪失の時代を経ても、主権者としての彼女の献身は決して揺らぐことはありませんでした。

変化と進歩の時代、喜びと祝賀の時代、そして悲しみと喪失の時代を経ても、主権者としての彼女の献身は決して揺らぐことはありませんでした。

その生涯の中で、私たちは、伝統に対する変わらぬ愛と、進歩を恐れず受け入れる姿勢とが、私たちを国家として偉大な存在にしていることを目の当たりにしました。

彼女が抱いた愛情、賞賛、尊敬の念は、彼女の治世の特徴となっています。そして、私の家族の誰もが証言できるように、母はこれらの資質を、温かさ、ユーモア、そして人の長所を常に見抜く確かな能力と結びつけたのです。

私は母の思い出に敬意を表し、その生涯の奉仕に敬意を表します。母の死が多くの人々に大きな悲しみをもたらすことは承知しており、私は計り知れない喪失感を皆さんと分かち合っています。

女王が即位したとき、英国と世界はまだ第二次世界大戦の窮乏と余波に対処しており、それ以前とは異なる慣習によって生活していました。

この70年の間に、私たちの社会は多くの文化、多くの信仰を持つようになりました。

国家の制度も同様に変化してきました。しかし、すべての変化と挑戦の中で、わが国と、より広い領域の家族-その才能、伝統、業績を私は言葉にできないほど誇りに思っています。それは、繁栄し、華開いたのです。私たちの価値観は不変であり、これからも不変でなければなりません。

君主制の役割と義務も、君主の英国国教会(私の信仰が深く根ざしている教会)に対する特別な関係や責任と同様に、不変です。

この信仰とそれに基づく価値観の中で、私は他者に対する義務感を大切にし、この国独自の歴史と議会制度の貴重な伝統、自由、責任を最も尊重するように育ってきました。

女王がそのような揺るぎない献身をもってなさったように、私も今、神が私に与えてくださった残りの時間を通して、わが国の中心にある立憲主義を守ることを厳粛に誓います。

そして、皆さんが英国のどこに住んでいようと、あるいは世界中のどのような領域や領土に住んでいようと、また、皆さんの経歴や信条が何であろうと、私は、これまでの人生を通じて、忠誠と尊敬と愛を持って皆さんに奉仕するよう努力するつもりです。

もちろん、新たな責任を引き受けたことで、私の生活は変化します。私が深く関心を寄せている慈善事業や問題に、これほど多くの時間とエネルギーを割くことはもはや不可能でしょう。しかし、この重要な仕事は、信頼できる他の人たちの手によって継続されることを私は知っています。

これは、私の家族にとっても変化の時です。私は最愛の妻、カミラの愛に満ちた助けを頼りにしています。17年前の結婚以来、彼女自身の忠実な公務への貢献が認められ、彼女は私の女王コンソートとなりました。私が信頼を寄せている職務への揺るぎない献身を、彼女は新たな役割として担ってくれることでしょう。

私の相続人であるウィリアムは、私にとって非常に重要であったスコットランドの称号を引き継ぐことになりました。彼は私の後を継いでコーンウォール公爵となり、私が50年以上にわたって担ってきたコーンウォール公国の責任を果たします。

今日、私は彼をプリンス・オブ・ウェールズ、ティウィソグ・シムルとして、私の人生と義務の大半を担う、大変光栄な称号を持つ国として誕生させることを誇りに思います。

キャサリン妃とともに、新しい皇太子と皇太子妃は、これからも私たちの国民的な話し合いを促し、重要な援助が受けられるよう、疎外された人々を中心地に導く手助けをしてくれることでしょう。

また、海外で人生を歩み続けるハリーとメーガンにも、私の愛を伝えたいと思います。

あと1週間余りで、私たちは国家として、英連邦として、さらには国際社会として、私の最愛の母を安らかに眠らせるために集まります。悲しみの中で、私たちは母を思い出し、母の模範となる光から力を引き出そうではありませんか。すべての家族を代表して、私はただただ、皆様からのお悔やみとご支援に心からの感謝を捧げるのみです。私にとっては、言葉で言い表せないほど大きな意味を持つものです。

そして、愛するママへ、愛する亡きパパのもとへ最後の旅立ちをするあなたに、ただただ「ありがとう」と言いたいです。私たち家族のために、そしてこの国のために、長い間熱心に尽くしてくれてありがとう。

天使の飛行が汝の安息を歌い上げますように。(translated by me)

ちなみに最後の、”flights of Angels sing thee to thy rest” は、Hamlet からの引用です。

ハムレットが亡くなり、ハムレットにホレーシオが語り語る言葉です。

thee は、you, thy はyour のことです。ハムレットが出てくる何て感動しました。

チャールズ3世は、flights of Angels/sing thee/to thy rest. と2度切って読んでいました。

thee まで一息で読んで、to thy rest と続けた方が良いと思いましたが、これは阿呆の独り言です。

チャールズ3世 演説 全文 日本語訳

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

竹 慎一郎

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次