アナタの人生変える睡眠&入浴法 カズレーザーと学ぶ 先取り学習

令和の現代病 カズレーザーと学ぶ

冬こそ睡眠の質改善!秘訣はリビングにあり

冬は空気が乾燥しがちなため、就寝前に加湿器をつけると空気中の湿度が上がり、のどの渇きを防ぎ呼吸しやすくなるので、睡眠の質が上がります。

加湿器の水は週に1回は換え、本体は定期的に掃除を。リビングの温度は18-20度に保つのが理想的。

外の空気より2-3度高めにすると良いでしょう。寝具は保温力が高く、通気性の良い羽根布団を選びましょう。

枕は体型に合ったものを。リラックス効果の高いバラやラベンダーなどのアロマオイルをリビングに噴霧したり、枕にラベンダーのドライフラワーを入れるのもおすすめです。

顔が歪む原因に!放置していると危険隠れ歯ぎしり

就寝時に無意識に行う歯ぎしりは、顔と口周りの筋肉に大きな負担をかけ、左右のバランスが崩れて顔が歪む原因となります。

歯ぎしりは歯を痛めるだけでなく、歯ぐきの過敏症や歯の喪失、顎関節症などのリスクも高めてしまいます。

歯ぎしりの症状として、耳鳴り、頭痛、首こりなども出てきます。

対策としては、歯ぎしり防止のマウスピースを就寝時に使うことが効果的です。

マウスピースは上下の歯の接触を防ぎ、緊張を和らげることで、無意識の歯ぎしりを防ぐ効果があります。

歯磨きだけでは防げないスマホが引き起こすデジタル口臭

スマホ操作時の姿勢が悪く、首や背中が丸くなると、唾液が十分に出ずに口の中が乾燥しがち。

唾液の減少が口臭の原因となります。姿勢を正しくしてスマホを操作し、水分補給をこまめに行うことが大切です。

歯磨きも大事ですが、タンパク質が付着した舌の汚れも口臭の原因となるので、舌ブラシなどで舌のケアも欠かせません。

5分で血液がドロドロ!?座りすぎが寿命を縮める!?

長時間同じ姿勢で座っていると、血液循環が悪くなり、新陳代謝が低下して疲労回復が遅れ、体力の低下につながります。

30分に1回は立ち上がって体を動かすことを心がけましょう。

会社ではコーヒー休憩などに立って少し歩くようにします。

通勤電車でもできるだけ立って移動することをオススメします。

会社では休憩時間を活用してストレッチを取り入れるのも良いでしょう。

家事や買い物時は歩数を意識的に増やすことが大切です。

お風呂で身を守る!HSP70で免疫力を上げる入浴法

41-43度の湯温で10-15分入浴すると、熱ショックに反応してHSP70というタンパク質が増え、免疫力が高まることが研究で明らかになっています。

効果を上げるには、頭から足先まで同じ温度のお湯に浸かることがポイント。

湯上がりに冷水をかけると効果もアップします。お風呂上がりは水分補給を忘れずに行うことも大切です。

カズレーザーと学ぶ 1月23日(火)21: 00~22: 54   2時間SP


【Amazon.co.jp限定】 ここちバス 日本の名湯 【医薬部外品】 30g×56包 全18種セット 個包装 アソート 入浴剤
令和の現代病 カズレーザーと学ぶ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

竹 慎一郎

コメント

コメントする

目次