高校野球と半沢直樹

今日

九州勢同士 宮崎対福岡

の高校野球を見ながら

いつの間にか寝てしまっていた。

宮崎のチームが勝ったのを試合が終わってから

知った。どう考えても高校の数が多い福岡の

方が激戦を勝ち残ってきたわけであり、

宮崎より強いはずだが、そこは一発勝負の

面白さ宮崎の田舎のチームが勝ってしまった。

半沢直樹といい弱いものが強いものに

打ち勝つという構図が日本人は好きなのである。

一係長が支店長の悪を暴いていくその過程に

惹きつけられてしまう。判官びいきは日本人

が好きなドラマだと感じた。

判官ひいきを辞書で引いてみると、次のように書かれいる。

「第一義には人々が源義経に対して抱く、

客観的な視点を欠いた同情や哀惜の心情のことであり、

さらには「弱い立場に置かれている者に対しては、

敢えて冷静に理非曲直を正そうとしないで、

同情を寄せてしまう」心理現象を指す。」

アフィリエイトの成功談でよく話される

ことだ。「昔は~だったが、今は~になった」

高校野球と半沢直樹を見ながら上のことを

ぼんやり感じながら見ていた。

私もあやかりたい気分である。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

竹 慎一郎

目次
閉じる