旅は続く

旅行と言えば、みんな一緒、グループでの旅か家族での旅かを想像するだろう。

一人旅というと、何か思いつめた深刻な問題を忘れる旅と連想してしまう。

就職し、家族でも増えると一人旅が出来る可能性は0に近くになってしまうのではないだろうか。
 
大学生はお金はないが、時間はたっぷりある。

私はアルバイトでお金をため、青春18切符でとりあえず北に向かった。男の一人旅だ。

九州から東京に出てきて、行く所を決めるとなると、行ったこともない場所になるのは当然かも知れない。

とりあえず北に向かうことだけを考えて、出発した。

もちろん泊まる所も決めていない。
 
青森は太宰治の故郷でぜひ生家を見たかったが、結局は行けなかった。

青森の駅の近くにアーケードがあり、朝も早くから食べたマクドナルドは忘れられない。

札幌では北海道大学に行った。

北大生に間違えられるようにして校内を散策した。

函館から夜景もきれいだった。

TVや映画で有名になった富良野に行った時は、荒涼とした景色が電車の中で続き不安になったのを覚えている。

最北端は旭川だったと思う。

北海道に上陸したのはそれが初めてで、それ以降は北海道に行く機会などあるはずはない。
 
今は九州に帰ってきてますます遠くなった。

しかし、生きている限りは行けるかもしれない。やはり、生きなければいけない。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

竹 慎一郎

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる