久々の読書、また、読めなくなりました

村上春樹の1984を読んだのは

秋だった。それから小説はぜんぜん

読めないし、読もうともしなかったが

東野圭吾の

使命と魂のリミット

を図書館から借りてきてくれたので

思い切って読んでみた。

なかなか集中力が続かなかったが

読むことができた。昨日と今日と

2日で読むことができた。人物設定が

なかなか頭に入らないが、最後は涙が出た。

これもリハビリの内だ。手を動かさないと

名前を書くのも震えてしまう。

TOEICの翻訳は次の指示があるまで少し休み。

雨が降ったり止んだりで

はっきりしない日だった。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

竹 慎一郎

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる