なんくるないさ。ボルテックスとテニス 

 

親孝行の8割は、3歳までに終えてしまうとはうまく言ったものだ。

3歳の彼を保育園に預け、仕事の帰りに迎えに行かねばならない時があった。

私の姿を見つけた彼は、パタパタと私の方に一直線に向かってくる。

もう、預けるのは止そうと思ったほどだ。

imagesNY519VZZ

12歳の彼はVOLTEX というドッジボールのチームに入り、全国大会に出場した。

しかし、補欠なのだ。入ったのが遅かったせいもあるが、後輩からレギュラーの座を取られ

補欠に甘んじた。

親からしてみれば、一生懸命、試合を応援する姿など見たくはない。

試合にも少ししか出してもらえない。

それでも彼は、楽しんでいた。腐ることはなかった。

みんなといられるだけで楽しい、と言った彼の性格は私とは違っていたのだろうか。

 

15歳の彼は、成績もトップ。硬式テニス部のキャプテンとなった。

彼を中心にチームは動いていた。もちろんレギュラー出場である。

県大会優勝。九州大会では入賞はできなかったが、悔いのない内容だった。

いつの間にか、父親の身長を追い越し、たくましい男性へと変わろうと

している。高校はエスカレーター式だが、特待生に選ばれてもおかしくない

くらいにまで、模範生のイケメン男子となった。

今日は英語を教えていたが、途中で友達がやってきて、

何の詫びもなく、外に出かけて行った。一言くらい父に

何か言えよ、と思ったが、何も言うこともできずに、

ただ大きくなったわが子の後ろ姿を見送った。

彼の人生、これからどうなるか楽しみではあるが

親の手からもう離れようとしているのを感じる。

私も、人生の第2のスタートを切ろうとしている。

将来のお金のことなど心配は絶えないが、

なんくるないさ。どうにかなるだろう。

天国言葉を吐けるようになれるかわからないが、

ついてないけどついていると思い、生きていきたい。

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

竹 慎一郎

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる