負けない テニス 眼科医

 

硬式テニスの顧問をしたことがあった。

高校の教諭としてまだ、先の見えない前にのみ

突き進むしかない時代のことである。

一人の男子生徒のことは忘れられないことである。

彼のテニスは負けないテニスだった。硬式だからといって、

力任せに攻撃することはしない。確実につないで、相手のミスを

誘い出す。彼のテニスは彼にしかできないものだった。

彼に将来は何を希望しているの?と何気なく聞いたことがあった。

驚くべく答えが返ってきた。

先生、私の母は目が見えないのはご存知ですか?私は母の目を治して

やるために眼科医を目指しています。

テニス同様、歯切れのよい答えが返ってきたが、自分のチームの

1番手の家庭環境も知らずに過ごしてきたのを恥ずかしく感じたが

医学部という言葉を聞いて、それは無理だろうとまず頭によぎった。

彼のテニスなら、知っているが、成績のことは知らなかった。

根っからの田舎の少年。あか抜けないテニス少年。勉強ができる

雰囲気ではなかったのである。確か高2の頃である。私は彼の学年でも、教科担でも

なく、彼の成績など知る由はなかった。そして、彼の成績を調べてみた。

なんと学年でトップである。田舎の伝統ある進学校のトップである。

背筋が震えたのを覚えている。彼は、テニス同様、勉強でも負けてはいなかった。

彼の夢は、自分のためではなく、母のため。実現させてやりたかった。

3年生最後の高校総体、県予選、シングルスベスト8で終わった。

勉強の方は、推薦で長崎大学医学部を受験、見事合格。

彼は夢へと飛び立って行った。

もう、15年は前のことなので、もう白衣姿になっているだろう。

お母さんの目を治せるように、今もなお、負けない人生を送っているのだろう。

imagesR9OIISKJ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

竹 慎一郎

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる