私は単なる捨て駒

私は人間だ。

笑うことも楽しむことも人ごみの中に

行くこともできが人間だ。今日は子供は

タグラグビーに出ると言って帰ってくるのは

夕方だろう。応援にもいけない。知り合いと

会うのが嫌だからだ。だからこうしてPCの前で

キイボードを叩いている。

しかし、一旦社会の枠組みの中に入ると

歯車に過ぎない。捨て駒に過ぎない。

それでも生きていかなければならないとは

にんげんはたいへんだ。外の寒さの中で

生きている自然に対して尊敬の意を

表したい。時間は見えないが、進んで

いることは確かだ。目には見えない

変化は少しずつ現れるのだが、それは

社会と隔絶したこの小さな部屋の中でしかない。

猫に生まれれば良かった。

でも外は寒いだろう。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

竹 慎一郎

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる