せかおわとエグザイル

若い人達の間で

音楽の好みを聞くと

大きくせかおわ派とエグザイル派との

2つに分かれるらしい。50過ぎたおじさんは

2つともよくは分からないが、なんとなくわかる気がする。

せかおわは人間の内面を探りそれに曲をつけるのに対し、

エグザイルは、人間の肉体を重視しそれに曲をつける。

正反対な感じがする。あなたはどちらが好きですか?

images

ポッキーダンスを踊る若者はかっこいいと思う。

今は、音楽の時間にダンスが組み込まれているほど

ダンスが若者になじみ深いものになっているようだ。

これは私たちの時代にはなかったことだ。

今、体育大会(運動会)でダンスは必ずと言っていいほど

踊られる。ダンスは人間の躍動感を伝えるのにたやすい手段だ。

人間の美しさを表現するのに、オリンピックに私たちが

感動するのに似ている。

しかし、「銀河鉄道の悪夢」は、人間の内面を深くえぐり出し

その形は、従来の形ではないから、若者も引き付けられるのだろう。

鉄拳のぱらぱら漫画に乗せた「銀河鉄道の悪夢」を聞くと

涙が止まらなくなる。

日本文化は、どちらも吸収しながら新たな道を模索し続けている。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

竹 慎一郎

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる